毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


年6回(隔月)分配型ファンド 半期分配金ランキング(2015年 8月版)

年 6回(隔月)分配型 投資信託(62本)の最近の運用結果を反映した分配金の動向をみるため、半期(本年 2月~ 7月の 6ヶ月間)の分配金の状況をまとめてみました。

※順位の背景色が黄色のファンドは、新規にランクインしたファンドを示す

※順/年は、年間分配金ランキングでの順位。背景色が黄色のファンドは、年間ランキングでは含まれていないファンドを示す

※前回差は、前回調査(昨年 12月~ 本年 5月の 6ヶ月間対象)との差額

順位順/年運用会社名投信名投信分類半期分配金前回差7月分配ボーナス分配
11三井住友アセットアジア優良株ファンド国際株式1,500-3000なし
23大和投資信託富山応援ファンドPART2(ファースト5・5)バランス1,1900303月、9月
34三井住友TAMSBI資産設計オープン(分配型)(スゴ6) バランス57505251月、7月
46損保ジャパンアセットイオン好配当グリーン・バランス・オープン(みどりのふたば)バランス5600303月、9月
58大和投資信託ミルフィーユ(成長重視ポートフォリオ)バランス520-10040なし
69大和投資信託京都応援バランスファンド(きらめきストーリー)バランス490030なし
72大和投資信託ダイワ・三資産分散ファンド(インカム&キャッシュ、外債、内外リート)(隔月分配型)バランス320-1,0002401月、7月
822大和投資信託<奇数月定額払出型>ダイワ先進国リートα 為替ヘッジあり国際REIT300150150なし
822大和投資信託<奇数月定額払出型>ダイワ先進国リートα 為替ヘッジなし国際REIT300150150なし
1010野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Cコース(為替ヘッジあり)国際債券285095なし
1118岡三アセット山口県応援ファンド(はつらつ長州)バランス2481002001月、7月
1211DIAMアセットDIAM J-REITオープン(2カ月決算コース)(オーナーズ・インカム2M)国内REIT2400801月、7月
1312野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Dコース(為替ヘッジなし)国際債券225075なし
1314フィデリティ投信フィデリティ・世界分散・ファンド(株式重視型)バランス2250753月、9月
1513野村アセットハイブリッド・インカムオープン 国際債券210070なし
1514日興アセット日興スリートップ(隔月分配型)バランス2100701月、7月
1514日興アセット日興アジア資産3分法(隔月分配型)バランス2100701月、7月
1530三菱UFJ国際三菱UFJ 好配当日本株ファンド国内株式2100205月、11月
1914ニッセイアセットニッセイ/パトナム・バランスアップオープン(トリプルスター)バランス200-201201月、7月
2021フィデリティ投信フィデリティ・アジア3資産・ファンド(アジアのチカラ)バランス1950653月、9月

1)概況

年 6回(隔月)分配のファンドで、半期分配金が最も多いファンドは、以下の 1本。

・アジア優良株ファンド  前回 1位
(最新決算の本年 7月は減配。1,000円を 0円)

先進国対象が大半を占める(20本のうち、17本が該当。このうち最も多いタイプは、 国内資産を含む地域分散投資型で 8本が該当)

先進国対象では、年間分配金上位と比べ、日本対象が 1本増、米国対象が 1本減

半期分配金ランキング上位に含まれたファンドは、4本を除き、年間分配金ランキング上位に含まれているファンドと同じ。

半期分配金上位の順位では、年間分配金上位の順位と比べ、15位の三菱UFJ 好配当日本株ファンドが最も順位が上昇(15ランクアップ)。

7位のダイワ・三資産分散ファンド(インカム&キャッシュ、外債、内外リート)(隔月分配型)、19位のニッセイ/パトナム・バランスアップオープン(トリプルスター)の 2本が、最も順位が下降(5ランクダウン)。

<半期分配金が前回調査時と比べ増加したファンド 3本。前回と比べ 3本減>

・<奇数月定額払出型>ダイワ先進国リートα(計 2本)が最も増加

(半期 150円増。本年 7月は、通算 2回目の決算のため、本年 7月の分配金 150円が半期分配金に加算)

<半期分配金が前回調査時と比べ減少したファンド 4本。前回と比べ 4本増>

バランス型が最も多い(3本)。

・ダイワ・三資産分散ファンド(インカム&キャッシュ、外債、内外リート)(隔月分配型)が最も減少

(半期 1000円減。本年 7月のボーナス分配 240円は、半期前の本年 1月のボーナス分配 1240円と比べ、大幅減)

順位投信分類本数/半本数/年
1バランス1260.0%1470.0%
2国際債券315.0%420.0%
3国際REIT210.0%00.0%
4国際株式15.0%15.0%
国内REIT15.0%15.0%
国内株式15.0%00.0%
投信分類では、バランス型が最も多い(12本。前回と比べ 2本減)。

前回調査時と比べ、国際REIT型が 2本増、バランス型が 2本減




2)半期ランキングにあるが、年間ランキングにないファンド(4本)

主に、先進国対象が多い(3本)。

・15位 三菱UFJ 好配当日本株ファンド

本年 5月にボーナス分配 170円。上半期(昨年 11月)でのボーナス分配なし。

・20位 フィデリティ・アジア3資産・ファンド(アジアのチカラ)

本年 1月に増配(25円を 65円。4期連続 65円)

3)年間ランキングにあるが、半期ランキングにないファンド(4本)

※順/年は、年間分配金での順位。順/半は半期分配金での順位

順/年順/半運用会社名投資信託名投信分類年間分配金半期分配金最新分配金
422岡三アセット福井県応援ファンドバランス1,15015050
722岡三アセット香川県応援ファンドバランス95015050
1921フィデリティ投信フィデリティ・世界分散・ファンド(債券重視型)バランス33016555
2022野村アセットノムラ・ボンド&ローン・ファンド 国際債券32015050

主に先進国対象のバランス型が多い(3本)。

福井県応援ファンド、香川県応援ファンドは、上半期(本年 1月)でのボーナス分配(700~ 900円)が、対象外になったことが影響(ボーナス分配は、年 1回実施予定)。

ノムラ・ボンド&ローン・ファンドは、本年 1月に減配(60円を 50円。4期連続 50円)。

フィデリティ・世界分散・ファンド(債券重視型)は、過去 1年以内の分配金は、6期連続 55円

4)新規ランクインしたファンド(3本)

・8位(前回 21位) <奇数月定額払出型>ダイワ先進国リートα 為替ヘッジあり

・8位(前回 21位) <奇数月定額払出型>ダイワ先進国リートα 為替ヘッジなし

 上記 2本とも、2期連続 150円(本年 5月が初回分配)

・11位(前回 30位) 山口県応援ファンド(はつらつ長州)

 本年 7月のボーナス分配 200円は、半期前の本年 1月のボーナス分配 100円と比べ増加

5)前回ランクイン・今回ランク外になったファンド(3本)

※順/前は、前回の半期分配金ランキングでの順位。順/今は、今回の半期分配金ランキングでの順位

順/前順/今運用会社名投資信託名投信分類半期分配金前回差最新分配金
422岡三アセット福井県応援ファンドバランス150-850 50
522岡三アセット香川県応援ファンドバランス150-650 50
2021フィデリティ投信フィデリティ・世界分散・ファンド(債券重視型)バランス165055

3本全て、主に先進国対象のバランス型

福井県応援ファンド、香川県応援ファンドは、上半期(本年 1月)でのボーナス分配(700~ 900円)が、対象外になったことが影響(ボーナス分配は、年 1回実施予定)。

フィデリティ・世界分散・ファンド(債券重視型)の半期分配金は、前回調査時と同額だが、今回新規ランクインしたファンドと比べ、半期分配金が少ないことが影響。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2015/08/11(火) 07:00:00|
  2. 年6回:隔月分配型の分配金ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年6回(隔月)分配型ファンド 年間分配金ランキング(2015年 8月版)

年6回(隔月)分配型投資信託 62本の年間分配金を調べました。分配金の対象期間は2014年 8月から2015年 7月です。

※バランス型は、株式、債券、REIT、先物など異なった投資分野を組み合わせたタイプ

※順/前は、前回調査(本年 5月実績分)での順位。背景色が黄色のファンドは、新規にランクインしたファンドを示す

※前回差は、前回調査(本年 5月実績)との差額

順位順/前運用会社名投信名投信分類年間分配金前回差7月分配ボーナス分配
11三井住友アセットアジア優良株ファンド国際株式1,80000なし
22大和投資信託ダイワ・三資産分散ファンド(インカム&キャッシュ、外債、内外リート)(隔月分配型)バランス1,6401002401月、7月
33大和投資信託富山応援ファンドPART2(ファースト5・5)バランス1,3800303月、9月
44岡三アセット福井県応援ファンドバランス1,1500501月
48三井住友TAMSBI資産設計オープン(分配型)(スゴ6) バランス1,1505005251月、7月
65損保ジャパンアセットイオン好配当グリーン・バランス・オープン(みどりのふたば)バランス1,0200303月、9月
76岡三アセット香川県応援ファンドバランス9500501月
87大和投資信託ミルフィーユ(成長重視ポートフォリオ)バランス740040なし
99大和投資信託京都応援バランスファンド(きらめきストーリー)バランス580030なし
1010野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Cコース(為替ヘッジあり)国際債券570095なし
1111DIAMアセットDIAM J-REITオープン(2カ月決算コース)(オーナーズ・インカム2M)国内REIT4800801月、7月
1213野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Dコース(為替ヘッジなし)国際債券450075なし
1312野村アセットハイブリッド・インカムオープン 国際債券440-2070なし
1417ニッセイアセットニッセイ/パトナム・バランスアップオープン(トリプルスター)バランス420801201月、7月
1416フィデリティ投信フィデリティ・世界分散・ファンド(株式重視型)バランス42015753月、9月
1414日興アセット日興スリートップ(隔月分配型)バランス4200701月、7月
1414日興アセット日興アジア資産3分法(隔月分配型)バランス4200701月、7月
1836岡三アセット山口県応援ファンド(はつらつ長州)バランス3961762001月、7月
1918フィデリティ投信フィデリティ・世界分散・ファンド(債券重視型)バランス3300553月、9月
2018野村アセットノムラ・ボンド&ローン・ファンド 国際債券320-1050なし

1)概況

年 6回(隔月)分配のファンドで、年間分配金が最も多いファンドは、以下の 1本。

・アジア優良株ファンド  前回 1位
(最新決算の本年 7月は減配。1,000円を 0円)

先進国対象が大半を占める(20本のうち、18本が該当。このうち最も多いタイプは、 国内資産を含む地域分散投資型で 9本が該当)

2)投信分類

分配回数順位投信分類本数構成比
年6回1バランス1470.0%
2国際債券420.0%
3国際株式15.0%
国内REIT15.0%
毎月1国内株式1047.6%
2国際株式628.6%
3国際債券314.3%
4国際REIT14.8%
バランス14.8%
投信分類では、バランス型が最も多い(上位20本のうち、14本が該当。前回調査時での上位24本と同数)。
毎月分配型の上位 21本の場合、国内株式型が最も多い(10本)。



毎月分配型と比較すると、年6回(隔月)分配型はバランス型が特に多い。
この結果は、以下のように設定本数(構成比)の違いが影響。



 バランス型 年6回(隔月)分配型 45本(隔月分配型全体の約 73%)

         毎月分配型      232本(毎月分配型全体の約 15%)

3)決算時期

年 6回(隔月)分配型ファンドの決算月は、全て奇数月(1、3、5、7、9、11月)。

4)ボーナス分配を実施したファンド

年間分配金上位 20本のうち、過去 1年以内(昨年 8月以降)に、ボーナス分配を実施したファンドは、以下の 8本。

2位 ダイワ・三資産分散ファンド(インカム&キャッシュ、外債、内外リート)(隔月分配型)

本年 1月 1240円。本年 7月 240円。通常時の分配金 40円

3位 富山応援ファンドPART2(ファースト5・5)

昨年 9月 130円、本年 3月 1130円。通常時の分配金 30円

4位 福井県応援ファンド

本年 1月 900円。通常時の分配金 50円

4位 SBI資産設計オープン(分配型)(スゴ6)

本年 1月 525円。本年 7月 525円。通常時の分配金 25円

6位 イオン好配当グリーン・バランス・オープン(みどりのふたば)

昨年 9月 400円、本年 3月 500円。通常時の分配金 30円

7位 香川県応援ファンド

本年 1月 700円。通常時の分配金 50円

14位 ニッセイ/パトナム・バランスアップオープン(トリプルスター)

本年 1月 140円。本年 7月 120円。通常時の分配金 40円

18位 山口県応援ファンド(はつらつ長州)

本年 1月 100円。本年 7月 200円。通常時の分配金 24円

5)年間分配金が前回調査結果より増加したファンド(5本。前回と比べ 1本増)

5本全て、主に先進国対象のバランス型。

これら 5本のうち 4本は、株式などリスク資産の投資比率が 50%以上のタイプ。

・SBI資産設計オープン(分配型)(スゴ6)が最も増加

(年間 500円増。本年 7月はボーナス分配 525円。昨年 7月は、ボーナス分配なしの25円)

6)年間分配金が前回調査結果より減少したファンド(2本。前回と比べ 1本減)

2本全て、主に先進国対象の国際債券型。

・ハイブリッド・インカムオープンが最も減少

(年間 20円減。昨年 11月に減配 90円を 70円。5期連続 70円)

7)ランクインしたファンドの入替

<新規ランクインしたファンド  1本>

18位 山口県応援ファンド(はつらつ長州)
(本年 7月はボーナス分配 200円。昨年 7月は、ボーナス分配なしの24円)

<前回ランクイン・今回ランク外のファンド 5本>

※順/前は、前回の年間分配金ランキングでの順位。順/今は、今回の年間分配金ランキングでの順位

順/前順/今運用会社名投資信託名投信分類年間分配金前回差最新分配金
2022三菱UFJ国際三菱UFJ 米国債券インカム オープン(夢咲月)国際債券300050
2022大和投資信託ミルフィーユ(安定重視ポートフォリオ)バランス300050
2022三菱UFJ国際ユーロランド・ソブリン・インカム国際債券300050
2022しんきんアセットしんきんグローバル債券ファンド(奇数月決算型)(金利の卵)国際債券300050
2022パインブリッジパインブリッジ新成長国債インカムオープン(レインボーシート)国際債券300050

国際債券型が多い(4本。このうち 3本は、主に先進国対象)

5本全て、年間分配金は、前回調査時と同額だが、今回新規ランクインしたファンドの年間分配金が多かったことが影響。

※今回の対象本数は、前回調査時の対象本数よりも 4本少ないため(同じ順位になったファンドが少ないため)、前回ランクイン・今回ランク外のファンドよりも、新規ランクインのファンドが 4本少ない

8)毎月分配型との分配金比較

上位 20本の年間分配金の平均を、毎月分配型の上位 21本平均と比べると、76%減(4分の 1程度)。

・年6回(隔月)分配型  754円(前回 本年 5月分 646円)
                1,800円~ 320円(前回 本年 5月分 1,800円~ 300円)

 ・毎月分配型     3,087円(本年 5月 3,039円)
              3,600円~ 2,720円(本年 5月 3,550円~ 2,750円)


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2015/08/10(月) 07:00:00|
  2. 年6回:隔月分配型の分配金ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ