毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


資源株・環境株・商品系投信のリターン比較ランキング 08年10月版

年4回以上の分配を行う分配型投資信託での、資源株、環境株、商品のファンドについて、リターンを比較してみました。調査対象は14本で、対象期間は2007年10月末から2008年9月末までを対象にしました(比較の基準値は、本年9月30日の基準価格)。

<調査結果の要約>

1)年間リターン、6ヶ月リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」(前回も1位)。
ファンドの特徴では、年間リターンでは商品系、環境株系、資源株系の順でリターンがよく、6ヶ月リターンでは、環境株系、商品系、資源株系の順でよい

2)3ヶ月リターンが最も高いファンドは、「地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)」。
ファンドの特徴では、環境株系、商品系、資源株系の順でリターンがよい

3)1ヶ月リターンが最も高いファンドは、「地球環境株ファンド(環境くん)」
ファンドの特徴では、環境株系、商品系、資源株系の順でリターンがよい

4)「三菱UFJワールド資源株オープン(3カ月決算型)」は、6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月のリターンで最も低い(前回調査結果と同じ)


1.年間リターン

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数年間リターン年間分配金最新分配金
1野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品12-4.0164020
2AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-21.736030
3新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式4-29.100
4大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-33.400
5ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-37.41000
6T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-39.700
7三菱UFJ投信三菱UFJワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-40.727000
8HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-41.014020

今回対象にしたファンドは、過去1年以内に設定されたファンドが多いため、年間リターンが算出できるのは8本です。

年間リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」です(前回も1位)。
 ・参考:基準価格の推移(QUICK)

商品市況の軟化(特に原油相場)により、リターンは損失になっています。

ファンドの特徴をみると、上位2位まではコモディテイを対象にしたファンドです。3~6位までが環境株関連、7位以下は資源株関連のファンドになっています。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も大きいファンドは、「三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)」です(前回の年間リターン4.6。45.3ポイント減)。
 参考:基準価格の推移(QUICK)

前回調査結果よりもリターンの減少が最も小さいファンドは、「地球環境株ファンド(環境くん)」です(前回の年間リターン-15.6。17.8ポイント減)。

2.6ヶ月リターン

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数6ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品12-11.0164020
1新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式4-11.000
2大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-15.300
3三菱UFJ投信地球温暖化対策株式ファンド(青い地球)国際株式4-17.281010
4岡三アセットコモディティ・セレクション(食糧)商品4-17.5230200
5AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-22.036030
6ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-23.41000
7T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-23.700
8HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-26.514020
9ブラックロックブラックロック天然資源株ファンド国際株式4-29.27000
10三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-33.927000

6ヶ月リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」です(前回も1位)。

ファンドの特徴をみると、ベスト3は環境株系のファンドです。
4~5位はコモディティ系のファンドで、8位以下は資源株関連のファンドになっています。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も大きいファンドは、「DWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)」です(前回の6ヶ月リターン-2.1。21.3ポイント減)。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も小さいファンドは、「コモディティ・セレクション(食糧)」です(前回の6ヶ月リターン-12.7。4.8ポイント減)。

3.3ヶ月リターン

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数3ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式4-20.000
2大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-20.600
3三菱UFJ投信地球温暖化対策株式ファンド(青い地球)国際株式4-27.381010
4ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-27.51000
5三菱UFJ投信三菱UFJ コモディティファンド商品4-29.200
6岡三アセットコモディティ・セレクション(食糧)商品4-30.3230200
7T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-31.200
8野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品12-32.3164020
9AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-35.436030
10ブラックロックブラックロック天然資源株ファンド国際株式4-38.37000
11HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-38.414020
12三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-44.527000

3ヶ月リターンが最も高いファンドは、「地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)」です(前回調査での3ヶ月リターンでは2位)。
 参考:基準価格の推移(QUICK)

ファンドの特徴をみると、ベスト4は環境株系のファンドです。
5~6位、8~9位はコモディティ系のファンドで、10位以下は資源株関連のファンドになっています。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も大きいファンドは、「コモディティ・セレクション(食糧)」です(前回の3ヶ月リターン5.2。35.5ポイント減)。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も小さいファンドは、「地球環境株ファンド(環境くん)」です(前回の3ヶ月リターン-10.0。10.6ポイント減)。

4.1ヶ月リターン

※分配金の「無」は、設定日の関係で、分配(決算)を実施していないことを示す

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数1ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-17.400
2三菱UFJ投信三菱UFJ コモディティファンド商品4-18.300
3新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式4-18.800
4野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品12-20.0164020
5三菱UFJ投信三菱UFJ 地球環境ビジネス株ファンド(フューチャー・ビジョン)国際株式4-20.9
6岡三アセットコモディティ・セレクション(食糧)商品4-21.7230200
7AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-23.436030
8三菱UFJ投信地球温暖化対策株式ファンド(青い地球)国際株式4-24.881010
9T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-25.000
10ブラックロックブラックロック天然資源株ファンド国際株式4-25.77000
11ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-26.21000
12HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-28.214020
13みずほ投信グローバル資源株ファンド国際株式4-30.0
14三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-31.727000

1ヶ月リターンが最も高いファンドは、「地球環境株ファンド(環境くん)」です。
 参考:基準価格の推移(QUICK)

ファンドの特徴をみると、上位は環境株系のファンドが多く、次にコモディティ系のファンドで、他のリターン同様に下位3本は資源株関連のファンドになっています。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も大きいファンドは、「DWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)」です(前回の1ヶ月リターン0.4。26.6ポイント減)。

前回調査結果よりもリターンの減少が最も小さいファンドは、「三菱UFJ コモディティファンド」です(前回の1ヶ月リターン-5.3。13.0ポイント減)。

「三菱UFJワールド資源株オープン(3カ月決算型)」は、前回調査結果と同様に、6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の各リターンで、対象ファンドのうち最もリターンが低いファンドになっており、運用が低迷しています。
スポンサーサイト





分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/10/29(水) 07:00:00|
  2. 資源株・環境株系投信の状況
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

資源株・環境株・商品系投信のリターン比較ランキング 08年9月版

年4回以上の分配を行う分配型投資信託での、資源株、環境株、商品のファンドについて、リターンを比較してみました。調査対象は14本で、対象期間は2007年8月末から2008年8月末までを対象にしました(比較の基準値は、本年8月29日の基準価格)。

<調査結果の要約>

1)年間リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」(前回も1位)。
ファンドの特徴では、上位は商品型が多い。次に資源株系のファンドが上位

2)6ヶ月リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」(前回も1位)
ファンドの特徴では、上位は商品型が多い。次に環境株系のファンドが上位

3)3ヶ月リターンが最も高いファンドは、「コモディティ・セレクション(食糧)」。
ファンドの特徴では、上位は商品型が多い。次に環境株系のファンドが上位

4)1ヶ月リターンが最も高いファンドは、「三菱UFJ 地球環境ビジネス株ファンド(フューチャー・ビジョン)」
ベスト2は環境株系ファンド。「グローバル・コモディティ・オープン」は下から2番目 。下位3本は全て資源株系ファンド

1.年間リターン

1)年間リターンの状況

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数年間リターン年間分配金最新分配金
1野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品1233.0164020
2AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品1210.636030
3三菱UFJ投信三菱UFJワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式44.627000
4新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式4-8.100
5ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-9.01000
6大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-15.600

今回対象にしたファンドは、過去1年以内に設定されたファンドが多いため、年間リターンが算出できるのは6本です。

年間リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」です(前回も1位)。
 ・参考:基準価格の推移(QUICK)

商品市況の軟化(特に原油相場)により、商品系のリターンが前回調査結果よりやや低くなっています(1位は1.7ポイント減、2位は0.8ポイント減)。

商品系ファンド間で年間リターンの差が大きいのは、投資対象のうち、原油を含むエネルギーの割合が大きく異なることが影響していると思われます。

<エネルギーの割合>
・グローバル・コモディティ・オープン 76.2%(08年8月29日時点)
・AIGコモディティファンド 34.9%(08年9月10日時点)

商品系のファンドでAIGの商品指数に連動したファンドは、AIGショックの影響で、現在、ファンドの購入・解約が停止されています。概況は以下のページを参照ください(一時的に停止していた基準価額の公表は、再開しています)。

ロイターの記事

モーニングスターの記事

グローバル・コモディティ・オープンでの告知

AIGコモディティファンドでの告知

★追記★
ファンドの購入・解約が停止されていた「AIGの商品指数に連動したファンド」は、9月26日くらいから、購入・解約を再開しています。

日経ネットでの関連記事

グローバル・コモディティ・オープンでの再開の告知

AIGコモディティファンドでの再開の告知

2.6ヶ月リターン

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数6ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品127.2164020
2新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式42.600
3ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-2.11000
4大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-4.200
5T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-6.800
6HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-7.012040
7AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-7.236030
8岡三アセットコモディティ・セレクション(食糧)商品4-12.7230200
9ブラックロックブラックロック天然資源株ファンド国際株式4-14.87000
10三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-16.127000

6ヶ月リターンが最も高いファンドは、「グローバル・コモディティ・オープン」です(前回も1位)。

ファンドの特徴をみると、2位~5位は環境株系のファンドです(3位は資源株も含む)。
年間リターンでは資源株系のファンドの方が上位にありましたが、商品市況の軟化の影響を受け、資源株系ファンドの運用が悪化しています。特に、「三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)」は年間4.6%が6ヶ月では-16.1%まで低下しています(約20ポイント減)。
 参考:基準価格の推移(QUICK)

3.3ヶ月リターン

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数3ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1岡三アセットコモディティ・セレクション(食糧)商品45.2230200
2新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式4-4.800
3AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-6.036030
4野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品12-6.3164020
5三菱UFJ投信地球温暖化対策株式ファンド(青い地球)国際株式4-7.381010
6ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式4-8.41000
7大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-10.000
8T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-12.800
9HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-15.912040
10ブラックロックブラックロック天然資源株ファンド国際株式4-18.97000
11三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-19.827000

3ヶ月リターンが最も高いファンドは、「コモディティ・セレクション(食糧)」です(前回調査での3ヶ月リターンでは2位)。
 参考:基準価格の推移(QUICK)

資源株系、商品系ファンドは、商品市況の軟化により、6ヶ月リターンよりもリターンが悪化しています。
順位では、6ヶ月リターンに比べ、下位3本は全て資源株系ファンドになっています。商品系ファンドは2本とも、損失になっています。

4.1ヶ月リターン

※分配金の「無」は、設定日の関係で、分配(決算)を実施していないことを示す

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数1ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1三菱UFJ投信三菱UFJ 地球環境ビジネス株ファンド(フューチャー・ビジョン)国際株式40.9
2新光投信地球温暖化防止関連株ファンド(3ヵ月決算型)(地球力II)国際株式40.700
3ドイチェアセットDWS新資源テクノロジー・ファンド(グローバル・シフト)国際株式40.41000
4三菱UFJ投信地球温暖化対策株式ファンド(青い地球)国際株式4-0.881010
5岡三アセットコモディティ・セレクション(食糧)商品4-2.3230200
6大和投資信託地球環境株ファンド(環境くん)国際株式4-2.800
7T&Dアセット世界サステナビリティ株式ファンド(環境博士)国際株式4-4.300
8ブラックロックブラックロック天然資源株ファンド国際株式4-4.67000
9HSBC投信HSBC世界資源エネルギー株式ファンド(3カ月決算型)国際株式4-5.012040
10三菱UFJ投信三菱UFJ コモディティファンド商品4-5.3
11AIGインベストメンツAIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)商品12-6.136030
12みずほ投信グローバル資源株ファンド国際株式4-6.4
13野村アセットグローバル・コモディティ・オープン商品12-6.9164020
14三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式4-8.827000

1ヶ月リターンが最も高いファンドは、「三菱UFJ 地球環境ビジネス株ファンド(フューチャー・ビジョン)」です。
 参考:基準価格の推移(QUICK)

ベスト4の4本は、環境株系ファンドであり、他のリターンの結果と異なります。
他のリターンでは上位にあった商品系の2本(グローバル・コモディティ・オープン、AIGコモディティファンド)は、下位の方にあります。
環境株に比べ、投資対象の商品市況が悪化した商品系、資源株系のファンドの下げが大きかったためと思われます。

「三菱UFJワールド資源株オープン(3カ月決算型)」は、6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の各リターンで、対象ファンドのうち最もリターンが低いファンドになっており、運用が低迷しています。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/09/28(日) 06:53:00|
  2. 資源株・環境株系投信の状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ