毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


バランス型ファンドのコスト比較(08年2月版)

今回は、毎月分配型ファンドのうち、バランス型ファンドの分配金ランキング ベスト20(08年1月実績反映分)に含まれたファンドのコストとして、購入手数料、信託報酬、信託財産留保額を調べました。

これらのファンドに関するコストが低いと以下のように投資効果はよくなります。

購入手数料が安い:
その分だけ多くの口数を購入できるのでリターン(分配金を含む)もよくなります。

信託報酬が低い:
ファンドが得た運用益(配当収入、有価証券売却益等)から差し引かれるコスト(信託報酬)が低くなり、投資元本の維持、分配金への反映が期待できます。

信託留保額が低い:
ファンド解約時の価格が低くならずに済み、最終的な利益確定額が有利になります。

これらコストについては、この記事では詳しく説明しませんが、さらに知りたい方は、以下のWEBサイト等でご確認ください。
 投資信託のコスト(goo マネー)

●バランス型ファンド分配金ベスト20でのコスト状況(購入手数料、信託報酬、信託財産留保額)

<調査結果の要約>
1)購入手数料(上限値)は、3.15%(税込み)が大半(8本。全体の40%)

2)信託報酬の平均は、1.263%。毎月分配型の全てのバランス型ファンドの平均値1.2559%に比べ高い

3)最も信託報酬が低いのは、フィデリティ投信「フィデリティ・世界3資産・ファンド」(0.819%)

4)信託財産留保額では「0.3%」が最も多い(9本)。次に、「なし(0)」が多い(6本)

■バランス型ファンド コストランキング(信託報酬が少ない順)

 ※購入手数料、信託報酬は上限値が対象
 ※各コストの項目での単位は、いずれも%
 ※以下の表中の「順/分」は、年間分配金ランキングでの順位

順位順/分運用会社投資信託名分配金購入手数料信託報酬信託留保額
111フィデリティ投信フィデリティ・世界3資産・ファンド10402.6250.8190.2
215日興アセット財産3分法ファンド9503.150.99750.3
217日興アセット世界の財産3分法ファンド8403.150.99750.2
316住信アセット住信 財産四分法ファンド9003.151.0290.3
417三菱UFJ投信三菱UFJ 財産分散ファンド(三拍子)8401.5751.050.3
58みずほ投信MHAMトリニティオープン (ファンド3兄弟) 11803.151.1550.2
513三菱UFJ投信三菱UFJ 3資産分散ファンド10002.6251.1550
614中央三井アセット3資産バランスオープン(トリプルインカム)9803.151.20750.3
717日興アセット利回り財産3分法ファンド8402.11.2250.3
83三菱UFJ投信三菱UFJ バランスインカム・グローバル15262.11.260
85興銀第一ライフDIAM世界インカム・オープン(世界三重奏)12802.6251.260.3
910興銀第一ライフDIAM高格付インカム・オープンSRI(ハッピークローバーSRI)11242.6251.29150.3
1012AIG投信AIGイレブンプラス10052.6251.31250.3
118大和投資信託りそな・世界資産分散ファンド(ブンさん)11802.11.3650
119明治ドレスナースーパーバランス(やじろべえ)11402.11.3650.3
127大和投資信託世界6資産均等分散ファンド(ベストシックス)12402.6251.37550
136三井住友アセットグローバル3資産ファンド(ワンプレートランチ)12603.151.470.25
142国際投信グローバル財産3分法ファンド20303.151.50150.25
154ゴールドマンサックスGS 日本株・プラス 通貨分散コース 14603.6751.5750
161UBSUBSニュー・メジャー・バランス・ファンド26203.151.8480

1.購入手数料(上限値)

バランス型ファンド分配金ベスト20の購入手数料は、3.15%(税込み)が8本と最も多く、全体の40%を占めます。次に多いのは2.1%と2.625%です(各5本:各25%)。毎月分配型のバランス型ファンドで、分配金が多いファンドは、購入手数料(上限値)は、3.15%(税込み)が主流という感じです。

購入手数料は、販売会社が複数ある場合、料率が異なる場合もありますので、料率が低い販売会社で買えるのであれば、その方が得です(ファンド運用会社のWEBサイトに、販売会社が掲載されていますので確認してみてください)。

2.信託報酬

バランス型ファンド分配金ベスト20の平均信託報酬(率)は、1.263%です。毎月分配型の全てのバランス型ファンドの平均値1.2559%に比べ高いです。

なお、全ての毎月分配型ファンドを対象にした信託報酬のランキングを確認したい場合は、以下のページを参照してください。
   信託報酬ランキング・比較

最も信託報酬が低いのは0.819%で、フィデリティ投信「フィデリティ・世界3資産・ファンド」です。全ての毎月分配型ファンド(バランス型のみ)を対象にした場合でも最も低い信託報酬です(ただし、昨年4月時点)。

最も信託報酬が高いのは1.848%で、UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドです。UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドは、購入手数料も高い方であり、コストが比較的高いファンドです。従って、コスト相応の運用益を要求したいファンドです。

信託報酬の低い方をみると、信託財産留保額を設定しているファンドが多いです。
信託報酬の低さ(運用会社の収益低下)を、ファンド解約時に留保額を設定することで、多少なりとも収益を補うような仕様になっているようです。

3.信託財産留保額

バランス型ファンド分配金ベスト20のファンドでは、「0.3%」が最も多いです(9本)。次に、「なし(0)」が多いです(6本)。
運用会社によって違いがあるようで、「なし」は大和投資信託、三菱UFJ投信が多く、0.3%はDIAMアセット、日興アセットが多いです。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/02/18(月) 06:59:00|
  2. 手数料・信託報酬等のコストでみる場合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バランス型ファンドのコスト比較(08年1月版)

今回は、毎月分配型ファンドのうち、バランス型ファンドの分配金ランキング ベスト20(07年12月実績反映分)に含まれたファンドのコストとして、購入手数料、信託報酬、信託財産留保額を調べました。

これらのファンドに関するコストが低いと以下のように投資効果はよくなります。

購入手数料が安い:
その分だけ多くの口数を購入できるのでリターン(分配金を含む)もよくなります。

信託報酬が低い:
ファンドが得た運用益(配当収入、有価証券売却益等)から差し引かれるコスト(信託報酬)が低くなり、投資元本の維持、分配金への反映が期待できます。

信託留保額が低い:
ファンド解約時の価格が低くならずに済み、最終的な利益確定額が有利になります。

これらコストについては、この記事では詳しく説明しませんが、さらに知りたい方は、以下のWEBサイト等でご確認ください。
 投資信託のコスト(goo マネー)

●バランス型ファンド分配金ベスト20でのコスト状況(購入手数料、信託報酬、信託財産留保額)

<調査結果の要約>
1)購入手数料(上限値)は、3.15%(税込み)が大半(全体の45%)。

2)信託報酬の平均は、1.2726%。毎月分配型の全てのバランス型ファンドの平均値1.2559%に比べ高い

3)最も信託報酬が低いのは、フィデリティ投信「フィデリティ・世界3資産・ファンド」(0.819%)。

4)信託財産留保額では「0.3%」が最も多い(9本)。次に、「なし(0)」が多い(7本)。

■バランス型ファンド コストランキング(信託報酬が少ない順)

 ※購入手数料、信託報酬は上限値が対象
 ※各コストの項目での単位は、いずれも%
 ※以下の表中の「順/分」は、年間分配金ランキングでの順位

順位順/分運用会社投資信託名分配金購入手数料信託報酬信託留保額
114フィデリティ投信フィデリティ・世界3資産・ファンド10352.6250.8190.2
216日興アセット財産3分法ファンド9403.150.99750.3
318住信アセット住信 財産四分法ファンド9003.151.0290.3
411三菱UFJ投信三菱UFJ 財産分散ファンド(三拍子)11601.5751.050.3
515興銀第一ライフDIAMバランス・インカム・オープン9953.151.10250.3
610みずほ投信MHAMトリニティオープン (ファンド3兄弟) 11803.151.1550.2
616三菱UFJ投信三菱UFJ 3資産分散ファンド9902.6251.1550
76中央三井アセット3資産バランスオープン(トリプルインカム)12903.151.20750.3
83三菱UFJ投信三菱UFJ バランスインカム・グローバル14972.11.260
87興銀第一ライフDIAM世界インカム・オープン(世界三重奏)12802.6251.260.3
913興銀第一ライフDIAM高格付インカム・オープンSRI(ハッピークローバーSRI)11242.6251.29150.3
1015AIG投信AIGイレブンプラス10002.6251.31250.3
1017大和投資信託りそな・ひょうご応援・資産分散ファンド(ひょうご元気ブンさん)9202.11.31250
115大和投資信託りそな・世界資産分散ファンド(ブンさん)13452.11.3650
1112明治ドレスナースーパーバランス(やじろべえ)11402.11.3650.3
129大和投資信託世界6資産均等分散ファンド(ベストシックス)12202.6251.37550
138三井住友アセットグローバル3資産ファンド(ワンプレートランチ)12603.151.470.25
142国際投信グローバル財産3分法ファンド20203.151.50150.25
154ゴールドマンサックスGS 日本株・プラス 通貨分散コース 14503.6751.5750
161UBSUBSニュー・メジャー・バランス・ファンド26203.151.8480

1.購入手数料(上限値)

バランス型ファンド分配金ベスト20の購入手数料は、3.15%(税込み)が9本と最も多く、全体の45%を占めます。次に多いのは2.1%と2.625%です(各5本:各25%)。毎月分配型のバランス型ファンドで、分配金が多いファンドは、購入手数料(上限値)は、3.15%(税込み)が中心という感じです。

購入手数料は、販売会社が複数ある場合、料率が異なる場合もありますので、料率が低い販売会社で買えるのであれば、その方が得です(ファンド運用会社のWEBサイトに、販売会社が掲載されていますので確認してみてください)。

2.信託報酬

バランス型ファンド分配金ベスト20の平均信託報酬(率)は、1.2726%です。毎月分配型の全てのバランス型ファンドの平均値1.2559%に比べ高いです。

なお、全ての毎月分配型ファンドを対象にした信託報酬のランキングを確認したい場合は、以下のページを参照してください。
   信託報酬ランキング・比較

最も信託報酬が低いのは0.819%で、フィデリティ投信「フィデリティ・世界3資産・ファンド」です。全ての毎月分配型ファンド(バランス型のみ)を対象にした場合でも最も低い信託報酬です。

最も信託報酬が高いのは1.848%で、UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドです。UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドは、購入手数料も高い方であり、コストが比較的高いファンドです。従って、コスト相応の運用益を要求したいファンドです。

信託報酬の低い方をみると、信託財産留保額を設定しているファンドが多いです。
信託報酬の低さ(運用会社の収益低下)を、ファンド解約時に留保額を設定することで、多少なりとも収益を補うような仕様になっているようです。

3.信託財産留保額

バランス型ファンド分配金ベスト20のファンドでは、「0.3%」が最も多いです(9本)。次に、「なし(0)」が多いです(7本)。
運用会社によって違いがあるようで、「なし」は大和投資信託が多く、0.3%は興銀第一ライフが多いです。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/01/17(木) 06:59:00|
  2. 手数料・信託報酬等のコストでみる場合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ