毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


信託報酬ランキング・比較(毎月分配型ファンド対象)

今回は、毎月分配型投資信託の信託報酬を調べてみました。特に、ファンド分類ごとの信託報酬の状況(平均値、信託報酬ランキングなど)、ファンド別の信託報酬の比較や分配金との関係をみました。

<追記>
信託報酬関連の記事は更新しました。最新記事は信託報酬ランキング(全毎月分配型)を参照ください。

<調査結果の要約>
1)毎月分配型ファンドの信託報酬の平均は1.284%
  (信託報酬の最頻値は1.3125%)

2)最も低いファンド分類別平均信託報酬は、国内REIT型
  (0.9014%。最頻値:1.05%)

3)最も高いファンド分類別平均信託報酬は、国際債券型
  (1.2829%。最頻値:1.3125%)

4)最も信託報酬が低いファンドは「ニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)」(0.4515%)

5)最も信託報酬が高いファンドは「モルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープン」、「ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド」(1.995%)

調査したのは、日本経済新聞の「オープン基準価格」の欄に掲載されている運用会社(計69社)の毎月分配型の投資信託です。この69社のWEBサイトに掲載された毎月分配型の投信信託(319アイテム)を対象としました。

 ※以下の表での信託報酬の単位は%
 ※信託報酬は上限値を対象
 ※ファンドの数が少ない国内債券型(3アイテム)、国内株式型(1アイテム)は省略


順位ファンド分類平均値最頻値最高値最低値
 全体1.28401.31251.9950.2835
1国内REIT0.90141.051.050.6825
2バランス1.25591.261.890.819
3国際REIT1.54781.5751.890.8295
4国際株式1.31021.1551.680.7665
5国際債券1.28291.31251.9950.2835


1.ファンド分類別信託報酬ランキング

毎月分配型ファンドでの信託報酬の平均値は、1.284%です。最も設定されている信託報酬は、1.3125%です。

ファンド分類ごとにみると、信託報酬の平均が最も低いのは、国内REIT型で、0.9014%です。信託報酬の平均が最も高いのは、国際債券型で、1.2829%です。
ファンドの維持コストである信託報酬は、ファンドを長期保有するとメリットが出てきます。その観点でいえば、国内REIT型ファンドは長期保有に適しているファンドになっているようです。

2.ファンド別信託報酬ランキング

 ※以下の表での信託報酬の単位は%
 ※信託報酬は上限値を対象
 ※分配金で月表示してあるのは、記載月(今年)から分配を開始することを示す(現状では分配を行っていない)
 ※ラップ向けのファンドは除外(特定の顧客層向けのため)
  <除外したファンド>
  野村ファンドラップ外国債券(0.2835%)
  野村ファンドラップ日本債券(0.3625%)
 ※自動継続投資専用のファンドは除外(特殊な仕様のため)
  国際投信「ジャパン・ソブリン・オープン」(国内債券型)(0.3465%)
 ※上記除外したファンドは、前述のファンド分類ごとの集計結果には反映(全体的な傾向をみるため)
 ※信託報酬が同じファンドの場合、分配金の多い方が上に記載

順位運用会社ファンド名ファンド分類信託報酬分配金
1ニッセイアセットニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)国内債券0.451550
2第一勧業アセットDKA J-REITインデックスファンド(ビルオーナー) 国内REIT0.68251204
2新光投信新光J-REITオープン国内REIT0.6825675
2新光投信J-REITパッケージ国内REIT0.6825675
3プルデンシャルPRU アメリカ中期社債ファンド国際債券0.735520
3フランクリン・テンプルトンフランクリン・テンプルトン 米国政府証券ファンド(メイフラワー号)国際債券0.735449
3レッグメイソンLM・ユーロ毎月分配ファンド国際債券0.735435
3大和投資信託ダイワ日本国債ファンド国内債券0.7350
4大和投資信託ダイワJ-REITオープン国内REIT0.756900
5住信アセット住信 世界好配当株オープン(世界配当物語)国際株式0.76658月-
6中央三井アセット中央三井Jリートファンド 国内REIT0.78751390
7野村アセットノムラファンドマスターズ世界債券Bコース 国際債券0.7875526
7野村アセットノムラファンドマスターズ世界債券Aコース(為替ヘッジあり)国際債券0.787526
7三菱UFJ投信世界国債インデックスファンド国際債券0.78756月-
7大和住銀投信ユーロ短期債ファンド国際債券0.798325
8フィデリティ投信フィデリティ・世界3資産・ファンドバランス0.819906
8住信アセット住信 毎月分配パッケージファンド(分配ファミリー)バランス0.819590
9三井住友アセット三井住友グローバル債券オープン国際債券0.83895315
10野村アセット野村豪州債券ファンドDコース 国際債券0.84643
10国際投信ワールド短期ソブリンオープン国際債券0.84510
10野村アセット野村豪州債券ファンドCコース(為替ヘッジあり)国際債券0.840


1)信託報酬低率ランキング

個別のファンドで信託報酬を比較した場合、最も信託報酬が低いファンドは、ニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)で0.4515%です。毎月分配型ファンドで3つしかない国内債券型のファンドです。
なお、国内債券型ファンドが毎月分配型ファンドで最も信託報酬が低いファンドの分類になります(この分野に含まれる3つのファンドの平均信託報酬0.511%)

2~4位、9位の国内REIT型のファンドは、インデックス運用(東証指数連動)タイプのファンドです。
国際債券型では地域分散投資タイプが比較的多いです。

分配金(年間)をみると、分配金総合ベスト30に含まれるような2000円以上のファンドはなく、多くても1000円強のファンドになっています。
分配金が最も多いファンドは、中央三井Jリートファンドです。この他、このような国内REIT型のファンドの分配金が多いです。
ファンドの維持コストも低めで、分配金をなるべく多く確保したいということであれば、国内REIT型ファンドが適しているようです。

2)信託報酬高率ランキング

 ※以下の表での信託報酬の単位は%
 ※信託報酬は上限値を対象
 ※分配金で月表示してあるのは、記載月(今年)から分配を開始することを示す(現状では分配を行っていない)
 ※信託報酬が同じファンドの場合、分配金の少ない方が上に記載


順位運用会社ファンド名ファンド分類信託報酬分配金
1モルガンスタンレーモルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープンCコース(為替ヘッジあり)国際債券1.9958
1ピクテ投信ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(為替ヘッジコース)国際債券1.995520
1モルガンスタンレーモルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープンDコース(為替ヘッジなし)国際債券1.995589
1ピクテ投信ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(為替ヘッジなしコース)国際債券1.995820
2シュローダーシュローダー月果美人国際債券1.974585
3PCA投信PCA絶対収益追求型ファンドバランス1.890
3日本投信ワールド・リート・セレクション(欧州)国際REIT1.897月-
3日本投信ワールド・リート・セレクション(米国)為替ヘッジあり(十二絵巻 為替ヘッジあり)国際REIT1.892055
3日本投信ワールド・リート・セレクション(米国)(十二絵巻)国際REIT1.892415
3日本投信グローバル・リート・セレクション国際REIT1.893020
4UBSUBSニュー・メジャー・バランス・ファンドバランス1.8482350
5AIG投信AIG米国REITインカムファンド(バイリンガル)Aコース(為替ヘッジあり)国際REIT1.83752670
5AIG投信AIG米国REITインカムファンド(バイリンガル)Bコース(為替ヘッジなし)国際REIT1.83753380
5JPモルガンアセットJPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド国際債券1.83756月-
6ゴールドマンサックスバラエティ・オープンバランス1.8061110
7野村アセット高利回り社債オープン:為替ヘッジあり国際債券1.785130
7野村アセット高利回り社債オープン国際債券1.785760
8富士投信富士USインカムオープン国際債券1.7325520
8野村アセット米欧 ハイ・インカムオープン 国際債券1.7325704
8PCA投信PCA米国高利回り社債オープン国際債券1.7325745


個別のファンドで信託報酬を比較した場合、最も信託報酬が高いファンドは、モルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープン、ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンドで1.995%です。
1~2位、4位、5位(JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド)のファンドの特徴をみると、新興国を対象にしたファンドになっています。これらのファンドはカントリーリスクなど慎重に調査すべき事項が多く(情報が少なく調査に手間がかかるかもしれません)、このような調査コストが高いこと等が信託報酬(維持コスト)の高さに影響している可能性があります。

このランキングに含まれている国際REIT型ファンドは、全てファンド・オブ・ファンズです。このファンド・オブ・ファンズは、ベースになるファンドの信託報酬に加え、さらに最終的に提供されるファンドの信託報酬を載せる形になるため、結果的に信託報酬が高くなる可能性があると思います。
ファンド・オブ・ファンズの特徴については、以下を参考にしてください。
 YOMIURI ONLINE(マネー・経済:投資信託:ファンド情報) 

分配金(年間)をみると、国際REIT型ファンドは、分配金ベスト30に含まれるような分配金が多いファンドです。しかし、1位、2位のファンドは、分配金はそんなに多い方ではありません。高めの信託報酬でコスト倒れにならないような運用結果を要求したいファンドだと思います。




分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/05/29(火) 07:02:00|
  2. 信託報酬ランキング(全毎月分配型)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

来月に新規設定される分配型ファンド

今回は、来月(6月)に新規に設定される分配型ファンド(毎月分配型、年6回:隔月分配型、年4回分配型)を調べてみました。

<調査結果の要約>
1)毎月分配型は、国際REIT型2つ、国際債券型、バランス型が各1つずつ
  年6回:隔月分配型ではバランス型が1つ
  年4回分配型では国際株式、国内株式が各1つずつ

2)ファンドとしての新規性(目新しさ)
 ・国際REIT型:サブ市場(欧州、豪州)を強化したタイプ
 ・バランス型:国際株式は新興国だけを対象にしたタイプ
 ・バランス型:相場により、新たに投資対象を加えるタイプ

 ※販売手数料、信託報酬、信託留保額の単位は%
 ※販売手数料、信託報酬は上限値
 ※販売手数料は税込み

<毎月分配型>
ファンド名AIGニューグローバルファンド(メインアベニュー)ダイワ世界リート・ファンド三菱UFJ 欧豪リートファンドニッセイ/パトナム・世界債券ファンド
運用会社AIG投信大和証券投資信託三菱UFJ投信ニッセイアセット
ファンド分類バランス国際REIT国際REIT国際債券
商品特徴国際債券70%(先進国)、国際株式30%(新成長国)。年1回決算タイプとのスィッチング可能。為替ヘッジなし。北米、欧州、アジア・オセアニアの3地域のREITに均等投資。為替ヘッジなし。欧州・豪州ともに50%ずつ、その後は市場規模を勘案しながら原則年1回見直す。為替ヘッジなし。高格付け債券50%、高利回り債券50%。通貨別配分は米ドル50%、欧州通貨33%、先進国通貨15%。為替ヘッジなし。
設定日2007/6/72007/6/82007/6/132007/6/15
決算日毎月17日毎月15日毎月12日毎月15日
信託期限無期限2017/6/15無期限無期限
販売手数料3.153.152.12.1
信託報酬1.3651.5541.051.4805
信託留保額0000
ボーナス分配1、4、7、10月3、6、9、12月記載なし記載なし
販売会社:店舗大垣共立銀行大和証券三菱UFJ信託銀行南都銀行
販売会社:インターネットなし大和証券オンライントレードなし未確認


<年6回:隔月分配型、年4回分配型>
ファンド名AIG新成長国株式ファンド(ライジングカントリーズ/Rising Countries)フィデリティ・日本配当成長株投信ダイワ資産分散インカムオープン<D・51(デゴイチ)>
運用会社AIG投信フィデリティ投信大和証券投資信託
ファンド分類国際株式国内株式バランス
商品特徴為替ヘッジなし郵便局での販売が特徴国際債券70%、国際REIT5%、国内REIT5%、国際株式10%、国内株式10%。国内債券の相場により国際債券を35%に減らし国内債券35%組み入れる可能性あり。為替ヘッジなし。
設定日2007/6/72007/6/112007/6/22
決算日年4回(日程未確認)年4回(1、4、7、10月)(日程未確認)年6回:奇数月の8日
信託期限無期限無期限無期限
販売手数料3.6753.152.1
信託報酬1.891.1341.33875
信託留保額00.30
ボーナス分配記載なし記載なし5月、11月
販売会社:店舗エイアイジー日本証券東京支店日本郵政公社、フィデリティ証券信金中央金庫
販売会社:インターネット記載なし記載なし記載なし


1.ファンドの特徴

1)投資地域

国際REIT型ファンドでは、今までのファンドでメインの投資地域であった北米(米国)の比率を下げたタイプ(ダイワ世界リート・ファンド)、もしくは対象から外したタイプ(三菱UFJ 欧豪リートファンド)が設定されました。
即ち、新たなREIT市場(特に欧州)の成長性に注目したファンドが設定されたようです。

バランス型では、国際株式の投資は「先進国」を対象にした場合が多かったのですが、新興国だけを対象にしたタイプ(AIGニューグローバルファンド:メインアベニュー)が設定されました。
(ただし、UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドのように、全ての投資対象を新興国にした場合を除きます)。

2)投資対象

バランス型ファンドの場合、当初から設定された投資対象間の比率(例:株式と債券の比率)の増減を行う場合はありましたが、全く最初から組み入れず、相場がよければ新たに組み入れるタイプ(ダイワ資産分散インカムオープン:デゴイチ)は今までなかったと思います。

国際債券型ファンドの場合、分散投資としては、高格付型と高金利型を組み合わせたファンドは既にありますが、比率が半々になっているファンドはかなり少ないです。他社のファンドでいえば、大和住銀投信「T.ロウ・プライス USインカムオープン」位です。

3)販売会社

今回設定されたファンドは、特定の販売先向けのファンドの性格が強いです。特に、郵便局向け(フィデリティ・日本配当成長株投信)、信用金庫向け(ダイワ資産分散インカムオープン:デゴイチ)といった投資信託の販路としては、比較的弱い販路を強化するような商品が含まれています。


■今回対象としたファンドの各運用会社からの情報

1)AIGニューグローバルファンド(メインアベニュー)

2)ダイワ世界リート・ファンド
 ・ダイワインターネットTV(ネットセミナーの動画あり)
 ・顧客向け資料:PDFファイル

3)三菱UFJ 欧豪リートファンド(プレスリリース):PDFファイル

4)ダイワ資産分散インカムオープン<D・51(デゴイチ)>:プレスリリース:PDFファイル



分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/05/28(月) 07:03:00|
  2. 新規設定した分配型ファンド
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ