毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


新興国投資のファンドの分配金ランキング0708版(毎月分配型)

今回は、毎月分配型の投資信託新興国投資のファンドの分配金(年間)を対象にしました。

調査対象は、日本経済新聞の「オープン基準価格」の欄に掲載されている運用会社(計68社)の投資信託で、分配金は2006年8月から2007年7月までを対象にしました。
なお、新興国以外の投資対象を含むファンドもありますが、今回の調査対象は新興国の比率がなるべく多いファンドを対象にしたいため(比率が低いとファンドの特性が低下するので)、新興国投資の比率が70%以上のファンド:計30アイテムを対象にしました。

<調査結果の要約>
1)分配金が最も多いのは、三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実)。次に、UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドが多い
 前回調査結果と同じ

2)ベスト3とそれ以外では分配金に大きな差がある

3)ボーナス分配実施のファンドが上位(年2回と年4回は同数)

4)投信分類は国際債券が最も多い(ただし、上位は国際株式型)

 ※順/前は、前回調査結果での順位
 ※ボ分配金は、ボーナス分配金
 ※「ボ外分配金」は、最新決算月のボーナス分配以外の分配金
 ※無配の「シュローダー エマージング・ソブリン債券(現地通貨建て)ファンド」、「モルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープン Cコース(為替ヘッジあり)」を除く

順位順/前運用会社投資信託名投信分類ボーナス分配月分配金ボ分配金ボ外分配
11三井住友アセット三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実)国際株式5月、11月3200278545
22UBSUBSニュー・メジャー・バランス・ファンドバランス2、5、8、11月2990275030
33PCAアセットPCA アジア・オセアニア好配当株式オープン国際株式3、6、9、12月2395210035
44新生インベストメントエマージング・カレンシー・債券ファンド国際債券6月、12月155098060
55日本投信アジア・オセアニア好配当成長株オープン国際株式3月、9月147590060
66ゴールドマンサックスGS新成長国債券ファンド(花ボンド)国際債券(3、6、9、12月)114058070
77PCAアセットPCAアジア・ソブリン・オープン国際債券3月、9月101070030
88AIG投信AIG新成長国債券プラス(ブルーオーシャン) 国際債券なし970なし90
910JPモルガンアセットJPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド国際債券3、6、9、12月94087070
109国際投信エマージング・ソブリン・オープン国際債券なし910なし80
1111大和住銀投信エマージング債券ファンド国際債券なし840なし70
1212三菱UFJ投信ピムコ・エマージング・ボンド・オープンAコース(為替ヘッジなし)国際債券なし792なし66
1313JPモルガンアセットJPM新興国ソブリン・オープン国際債券なし780なし65
1414ピクテ投信ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(為替ヘッジなしコース)国際債券なし765なし65
1515日興アセット日興・ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンドA(ヘッジなし)国際債券なし720なし60
1515ニッセイアセットニッセイ/パトナム・グローバル・エマージング債券ファンド国際債券なし720なし60
1616新光投信フロンティア・ワールド・インカム・ファンド国際債券なし705なし60
1717シュローダー投信シュローダー・アジア公社債ファンド (アジアン円舞曲)国際債券6月68020060
1818モルガン・スタンレーモルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープンDコース(為替ヘッジなし)国際債券なし533毎期変動49
1921三菱UFJ投信三菱UFJ グローバル・ボンド・ニューマーケット(星こよみ)国際債券なし489なし59
2019シュローダー投信シュローダー月果美人国際債券なし480なし25
2020三菱UFJ投信グローバル・エマージング・ボンド・オープン(受取物語)国際債券なし480なし40
2020ピクテ投信ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(為替ヘッジコース)国際債券なし480なし40
2122日興アセット日興・ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンドB(ヘッジあり)国際債券なし240なし20
2223三菱UFJ投信ピムコ・エマージング・ボンド・オープンBコース(為替ヘッジあり)国際債券なし210なし16
2324PCAアセットPCA アジア・インカム・プラス(アジアンドリーム)国際債券なし170なし85
24AIG投信AIG現地通貨建て新成長国債インカムオープン(パッション)国際債券2、5、8、11月65なし65
25メロンメロン世界新興国ソブリン・ファンド国際債券5月、11月60なし60

1.概況

分配金(年間)が最も多いのは、前回調査結果と同様に、三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実)です。
次に分配金が多いのは、UBSニュー・メジャー・バランス・ファンドです。

なお、ベスト3のファンドは、分配金総合ベスト30に含まれたファンドであり、総合的に見ても分配金が多いファンドです。

調査対象ファンド間で格差があり、ベスト3と、それ以外では1.5倍以上の差があります。

この分配金ランキングにあるファンドでは、年間の決算回数に満たない以下のファンド(6アイテム)があります(即ち、最近設定されたファンドです)。
これらのファンドは、今後年間12回分の決算の合計値になった場合、年間分配金がさらに多くなります。

 9位:JPモルガン・アセット「JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド」 2回分
 17位:シュローダー投信「シュローダー・アジア公社債ファンド」11回分
 19位:三菱UFJ投信「三菱UFJ グローバル・ボンド・ニューマーケット(星こよみ)」9回分
 23位:PCAアセット「PCA アジア・インカム・プラス(アジアンドリーム)」2回分
 24位:AIG投信「AIG現地通貨建て新成長国債インカムオープン(パッション)」1回分
 25位:メロン「メロン世界新興国ソブリン・ファンド」1回分

<前回調査結果との違い>

順位は前回調査結果とほぼ同じです。
順位が上昇したファンドは、JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド(10位から9位へ)、シュローダー・アジア公社債ファンド(21位から19位へ)があります。
これらファンドは、過去1年以内に設定されたファンドであり、年間分配金の計算対象になる決算回数が増加したため、分配金が増加し、順位も上昇しました。

<世界同時株安の影響>

今月(8月)、世界的な相場の下落があった影響で、新興国投資のファンドも影響を受け分配金が減少したファンドがあります。AIG新成長国債券プラス(ブルーオーシャン)は90円から70円に分配金が減少しました。
新興国投資のファンドで分配金が増加したファンドもあり、モルガン・スタンレー・エマージング・ボンド・オープン Dコース(為替ヘッジなし)は6円増加(55円)、三菱UFJ投信「ピムコ・エマージング・ボンド・オープンBコース(為替ヘッジあり)」は2円増加(18円)しました。
これらファンドの分配金の最近の推移は、8月中旬分:毎月分配型ファンドの分配金動向 を参照ください。

2.分配の仕方、商品特性でみた場合

分配の仕方でみると、ベスト10は、ボーナス分配実施のファンドが多いです(8つのファンドで実施)。ボーナス分配の実施回数は2回と4回が同数です。

投信分類では、国際債券型が23アイテムと最も多いです(全体の82%を占める)。ただし、分配金ランキングの上位は国際株式型が多いです。
今の所、毎月分配で国際株式型のファンドは3つしかないため、毎月分配の国際株式ファンドから新興国投資のファンドを選ぶ場合は、この3つのファンドから選択することになります(これらのファンドの運用が好調ならば、他社から同様なファンドが新たに設定されると思います)

他の投信運類のファンドと同様に、為替ヘッジ対応のファンドは、円安(調査時点)によるものと思いますが、分配金ランキングでは下位になります。

[PR]今回紹介しましたファンドのインターネットでの購入先
分配金が最も多い「三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実)」は、イーバンク銀行で購入できます。購入手数料は2.1%です(購入手数料の上限値は3.15%)。
詳しくはイーバンク銀行

★追記★
この調査結果は毎月更新しています。最新の調査結果を見たい方は、以下をご参照ください。なお、閲覧される時期によっては、最初の記事でない場合もあります。
 新興国投資ファンド


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/08/29(水) 06:53:00|
  2. 新興国投資ファンド ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来月(9月)初回分配の毎月分配ファンドの状況

今回は、最近設定された毎月分配型ファンドの状況をみるため、来月(9月)初回の分配が行われる毎月分配型ファンドの状況を調べました。

<調査結果の要約>
1)国際債券型が3つ、バランス型が1つ

2)ボーナス分配は2つのファンドで実施(全て年4回)

3)比較的堅調な「ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)」

4)苦戦している「住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)」

5)最も純資産額が多いのは「住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)」
  最も純資産増加率が高いのは「ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)」

6)販売先は全てのファンドで1社のみ

■今回対象の毎月分配型ファンドの基準価格グラフ(Yahoo ファイナンス 他)
住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)
ニッセイ/パトナム・世界債券ファンド
ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)
トヨタグループ世界債券ファンド

 ※販売手数料、信託報酬、信託留保額の単位は%
 ※販売手数料、信託報酬は上限値
 ※基準価格値上り率、純資産額増加率の単位は%
 ※基準価格の値上り率は、設定前募集価格10000円を基準
 ※純資産額増加率は、設定日の基準価格と8月24日の基準価格を対比

投信名住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)ニッセイ/パトナム・世界債券ファンドダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)トヨタグループ世界債券ファンド
運用会社住信アセットニッセイアセット大和投資信託野村アセット
投信分類国際債券国際債券バランス国際債券
商品特徴日本を除く先進国の高格付高金利債券(70%)、現地通貨建て新興国ソブリン債券に投資(30%)高格付債券、高利回債券に各50%。米ドル1/2、欧州通貨1/3、先進国通貨1/6国際株式、国際REITに均等投資国内外のトヨタグループ企業が発行する債券に投資
設定日6/256/158/67/6
決算日毎月5日毎月7日毎月15日毎月20日
8/24基準価格9328948299139553
基準価格値上り率93.394.899.195.5
最高価格10141101251030310129
最低価格9028918391829209
8/24純資産額93億円14億円5億円48億円
純資産額増加率332.1140.050000.0133.3
販売手数料(税込)3.152.12.6250
信託報酬1.359751.48051.50151.029
信託留保額0.3000.2
ボーナス分配3、6、9、12月なし3、6、9、12月なし
販売先:店舗住友信託銀行南都銀行岐阜信用金庫トヨタファイナンシャルサービス証券
販売先:インターネット住友信託銀行なしなしトヨタファイナンシャルサービス証券

1.ファンドの特徴

表にそって、左のファンドから指摘すると以下のとおり
●先進国と新興国に分散投資した国際債券型
●高金利債券と高格付け債券に均等投資をした国際債券型
●収益性を重視したバランス型(債券は投資対象外)
●一つの企業が発行する債権に投資した国際債券型

来月(9月)に初回分配を行う毎月分配型ファンドは4つあります。分類でみると、国際債券型が3つと最も多いです。

各ファンドの特徴をみると、国際債券型ファンドでは、リスクの回避と、収益アップのため、分散投資を行うファンド(2つ)と、1つの企業が発行する債券に特化したファンドがあります。

バランス型ファンドでは、収益力を重視したタイプとなっており、債券を投資対象に含めず、国際株式と国際REITを均等に投資(各50%)するファンドになっています。

●2つのファンドでボーナス分配を実施
2つのファンドでボーナス分配を実施しており、全て年4回実施のタイプです。

2.現状の運用状況

●比較的堅調な「ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)」

最近の基準価格(8月24日)をみると、「ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)」が最も高いです。
8月半ばの世界同時株安で、相場が大きく下落しましたが、このファンドは設定時の基準価格に近いレベルまで回復しています。恐らく、株式の回復が順調なためと思われます。
しかし、投資対象の半分を占める国際REITは、サブプライムローン問題の影響を最も受けやすいので、今後の関係機関の対応によっては、回復のスピードが遅くなる可能性はあります。

●苦戦している「住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)」

最近の基準価格(8月24日)が最も低いのは、住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)です。
8月半ばの世界同時株安時に比べ基準価格は上昇していますが、収益性の高い「高利回り債券」の投資比率が低いため、基準価格の回復のペースが遅くなっていると思います。

●純資産が最も多いのは「住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)」

今回対象にしたファンドの純資産をみると「住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス)」が最も純資産が多いです。
利益獲得とリスク軽減を両立させるとともに、どちらかというとリスクを重視したい投資家に支持されたようです(安定性のある高格付け債券の投資比率が高いため)。
また、販売先である住友信託銀行の販売力も影響したと思います。

●純資産増加率が最も高いのは「ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)」

今回対象にしたファンドの純資産をみると、「ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート)」が純資産の増加率が最も高いです。
設定当初の純資産額が100万円しかなかったので、伸び率が高くなったといえます。投資信託の販売としては、販売力が弱い地方の信用金庫1社だけで販売したため、このような設定当初の純資産額になってしまったと思います。

3.販売面の特徴

●販売先が1社のみ

今回対象にしたファンドでは、全て販売先が1社になっています。
口座開設(購入)は従来であれば、店頭で行う必要があったため、その販場先の近くに住んでいないと購入できませんでしたが、通信販売(インターネット等)で口座開設(購入)ができる場合、その販売先の近くに住んでいなくとも購入することができます。今回対象のファンドでは、2つのファンドでインターネットから購入可能になっています。

[追記]今回紹介したファンドの07年9月の分配金(1万口あたり)(9月21日加筆)

・住信 世界ハイインカム債券オープン(インカムチョイス) 52円
 決算日(5日)の基準価格:分配落ち 9361円(前日比 -17円)

・ニッセイ/パトナム・世界債券ファンド 40円
 決算日(7日)の基準価格:分配落ち 9466円(前日比 +3円)

・ダイワ・海外株式&REITファンド(グローバルストリート) 0円(無配)
 決算日(18日)の基準価格 9809円(前日比 -149円)

・トヨタグループ世界債券ファンド 30円
 決算日(20日)の基準価格:分配落ち 9774円(前日比 +5円)



分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/08/28(火) 06:37:00|
  2. 最近設定された分配型ファンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ