毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


毎月分配型投信リターンランキング(08年11月版)

毎月分配型投資信託全体について、年間リターンと1ヶ月リターンを比較してみました。
決算期間は2007年10月末から2008年10月末までを対象にしました。
調査対象数は年間リターンが355本、1ヶ月リターンが414本です。投信分類別分配金ランキングでは対象にしていなかった国内債券型、国内株式型、コモディティ型も含めました。


<調査結果の要約>

●リターンの上位は国内外の債券を対象にしたファンドが大半を占める

●リターンの下位は、国際REIT型のファンドが大半を占める

●年間リターンが最もよいファンドは、国内債券型の「ダイワ日本国債ファンド」

●1ヶ月リターンが最もよいファンドは、国際債券型の「AIG米国優先証券ファンド(ピュアリゾート) 為替ヘッジなし」

●年間リターン、および1ヶ月リターンが最もよくないファンドは、国際REIT型の「オーストラリア・リート・オープン」

1.年間リターン

1)上位10本

順位運用会社投資信託名投信分類年間リターン年間分配金10月分配金
1大和投資信託ダイワ日本国債ファンド国内債券2.315020
2国際投信ジャパン・ソブリン・オープン国内債券1.912010
3ニッセイアセットニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)国内債券0.312010
4野村アセット野村ファンドラップ日本債券国内債券-0.2968
5SGアセットりそな・米国政府機関証券ファンド(為替ヘッジあり)国際債券-0.624020
6野村アセット野村豪州債券ファンドCコース(為替ヘッジあり)国際債券-0.900
7ゴールドマンサックスゴールドマンサックス世界債券オープンCコース(毎月分配、限定為替ヘッジ)国際債券-3.512010
8ベアリング投信BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド(ウィンドミル)国際債券-5.648040
9シュローダー投信シュローダー月果美人国際債券-6.530025
10ドイチェアセットドイチェ欧州債券ファンドCコース(為替ヘッジあり)国際債券-8.112010

ファンドの特徴をみると、ベスト4の4本は国内債券型ファンドです。毎月分配型の国内債券型は全部で4本であり、全ての国内債券型ファンドがベスト4に含まれたことになります。
5位以下は国際債券型のファンドで、為替ヘッジありのタイプが多いです。

年間リターン上位30本の投信分類をみると、国際債券型が最も多いです。

 国際債券型 25本(83.3%)
 国内債券型  4本(13.3%)
 バランス型  1本(3.3%)

※バランス型は、ゴールドマンサックス「バラエティ・オープン」が該当(投資対象は国際債券87%、通貨取引13%)

年間リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです。年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド(ウィンドミル)」の81位です。
ベスト4の国内債券型ファンドは、年間分配金順位では最下位の方に近い順位にあります。

2)下位10本

順位運用会社投資信託名投信分類年間リターン年間分配金10月分配金
1三菱UFJ投信オーストラリア・リート・オープン国際REIT-73.596080
2JPモルガンアセットJPMエマージング株式ファンド(毎月決算型)(成長果実)国際株式-65.010010
3三菱UFJ投信三菱UFJ 欧豪リートファンド国際REIT-64.824020
4ゴールドマンサックスGS 日本株・プラス 通貨分散コースバランス-62.254045
5岡三アセットグローバル・リート・セレクション国際REIT-61.854045
6野村アセット野村ファンドラップ世界REIT Bコース国際REIT-60.527925
7三井住友アセット三井住友・グローバル・リート・オープン(世界の大家さん)国際REIT-59.896080
7DIAMアセットDIAMワールド・リート・インカム・オープン(世界家主倶楽部)国際REIT-59.854045
7大和住銀投信グローバル・リート・インカム・ファンド(街角ストーリー)国際REIT-59.830025
8DIAMアセットDIAM ワールドREITアクティブファンド(世界のハッピー・オーナー)国際REIT-59.630025

ファンドの特徴をみると、ワースト10本のうち8本を国際REIT型が占めています。
国際REIT型では、グローバル分散タイプが多く、国際REIT型8本のうち6本を占めています。

年間リターン下位30本の投信分類をみると、国際REIT型が最も多いです。

 国際REIT型 20本(66.7%)
 国際株式型  6本(20.0%)
 国内REIT型  3本(10.0%)
 バランス型  1本(3.3%)

年間リターンがよくないファンドは、比較的分配金の多いファンドが多いです。年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「オーストラリア・リート・オープン」、「三井住友・グローバル・リート・オープン(世界の大家さん)」の14位です。

2.1ヶ月リターン

1)上位10本

順位運用会社投資信託名投信分類1ヶ月リターン年間分配金10月分配金
1AIGインベストメンツAIG米国優先証券ファンド(ピュアリゾート)為替ヘッジなし国際債券6.756447
2AIGインベストメンツAIG米国優先証券オープン(マイリゾート)Aコース(為替ヘッジあり)国際債券6.527020
3AIGインベストメンツAIG米国優先証券ファンド(ラストリゾート)為替ヘッジあり国際債券5.730025
4AIGインベストメンツAIG国優先証券オープン(マイリゾート)Bコース(為替ヘッジなし)国際債券1.748040
5野村アセット野村豪州債券ファンドCコース(為替ヘッジあり)国際債券0.900
6国際投信ジャパン・ソブリン・オープン国内債券0.512010
7大和投資信託ダイワ日本国債ファンド国内債券0.415020
8ファンドクリエーションベストプロパティー・インカム(毎月分配型) 国内REIT0.29045
9ニッセイアセットニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)国内債券0.112010
10野村アセット野村ファンドラップ日本債券国内債券-0.5968

ファンドの特徴をみると、ベスト5の5本は国際債券型ファンドです。この5本のうち4本は為替ヘッジありのタイプです。
5位以下は国内債券型のファンドが多いです(4本)。

1ヶ月リターン上位30本の投信分類をみると、国際債券型が最も多いです。

 国際債券型 23本(76.7%)
 国内債券型  4本(13.3%)
 バランス型  2本(6.7%)
 国内REIT型 1本(3.3%)

※バランス型は、以下の2本が該当
・PCAアセット「PCA絶対収益追求型ファンド」
・ゴールドマンサックス「バラエティ・オープン」

1ヶ月リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです。年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「AIG米国優先証券ファンド(ピュアリゾート)為替ヘッジなし」の68位です。
「ベストプロパティー・インカム(毎月分配型)」の年間分配金は、設定日の関係で2期分です。

2)下位10本

順位運用会社投資信託名投信分類1ヶ月リターン年間分配金10月分配金
1三菱UFJ投信オーストラリア・リート・オープン国際REIT-45.496080
2野村アセット野村ファンドラップ世界REIT Bコース国際REIT-38.827925
3三菱UFJ投信三菱UFJ 欧豪リートファンド国際REIT-38.424020
4岡三アセットグローバル・リート・セレクション国際REIT-37.454045
5岡三アセットワールド・リート・セレクション(米国)(十二絵巻)国際REIT-37.148040
6日興アセットラサール・グローバルREITファンド国際REIT-37.01200100
7DIAMアセットDIAMワールド・リート・インカム・オープン(世界家主倶楽部)国際REIT-36.054045
8DIAMアセットDIAM ワールドREITアクティブファンド(世界のハッピー・オーナー)国際REIT-35.930025
9国際投信ワールド・リート・オープン国際REIT-35.81200100
9三井住友アセット三井住友・グローバル・リート・オープン(世界の大家さん)国際REIT-35.896080

ファンドの特徴をみると、全て国際REIT型ファンドです。特にグローバル分散タイプが多く、10本のうち7本を占めています。3位と4位のファンドは、オーストラリアの投資比率が比較的高いです(3位は約42%、4位は約30%)。

1ヶ月リターン下位30本の投信分類をみると、国際REIT型が最も多いです(下位20本までは、全て国際REIT型)。

下位30本に含まれた国際債券型の投資対象は比較的格付けの低い高利回り債、国際株式型の投資対象は新興国、バランス型の投資対象は国内株式70%・通貨取引等30%です。

 国際REIT型 25本(83.3%)
 国際債券型  2本(6.7%)
 国際株式型  2本(6.7%)
 バランス型  1本(3.3%)

※国際債券型は「欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)」、「野村ユーロ・ハイ・イールド ボンド オープン Bコース」
※国際株式型は「ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)」、「JPMエマージング株式ファンド(毎月決算型)(成長果実)」
※バランス型は「GS 日本株・プラス 通貨分散コース」

1ヶ月リターンがよくないファンドは、比較的分配金の多いファンドが多いです。年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「ラサール・グローバルREITファンド」、「ワールド・リート・オープン」の3位です。



分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/11/28(金) 07:00:00|
  2. 分配金ランキング(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手数料無料(ノーロード)・割安で年間分配金が多い毎月分配型投信(08年11月版)

毎月分配型投資信託の年間分配金ランキング ベスト30(08年10月実績分)の対象になったファンドで、購入手数料(率)が無料(ノーロード)、割安のファンドの販売先を調べてみました。

基本的には、購入金額は1000万円未満を前提とした手数料を対象にし、購入金額1000万円以上を割安な手数料にしている場合は除きました。
ただし、一部のファンドは、購入金額に関係なく販売会社での上限手数料を対象にしている場合があります(この場合は、各ファンドに注記してあります)。

手数料は随時変更等がありえるので、販売会社に手数料を必ず確認してください。

<調査結果の要約>

1)年間分配金 上位30本のファンドで、手数料が最低で無料(ノーロード)の場合があるのは以下の4本

・ワールド・リート・オープン
・フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
・エマージング・ソブリン・オープン
・三井住友・グローバル・リート・オープン(世界の大家さん)

2)年間分配金 上位30本のファンドで、手数料が最低で半額以下の場合があるのは以下の9本

・グローバル・コモディティ・オープン
・ラサール・グローバルREITファンド
・DIAM J-REITオープン(オーナーズ・インカム)
・短期豪ドル債オープン
・MHAM J-REITアクティブオープン(物件満彩)
・財産3分法ファンド
・パン・パシフィック外国債券オープン
・シュローダー エマージング・ソブリン債券(現地通貨建て)ファンド(さいけん太郎 毎月分配)

3)年間分配金 上位30本のファンドで、手数料が最低40~48%引きの場合があるのは以下の5本

・ゴールドマン・サックス 米国REITファンド Bコース(為替ヘッジなし)(コロンブスの卵)
・ダイワ・グローバルREITオープン(世界の街並み)
・フィデリティ・US リート・ファンドB(為替ヘッジなし)
・エマージング・カレンシー・債券ファンド
・ニッセイ高金利国債券ファンド(スリーポイント)

毎月分配型投資信託の年間分配金ランキング ベスト30(08年10月実績分)の順位にそって列挙してあります。
投信運用会社が設定した上限の購入手数料の販売しか行わないファンド(この値を下回る購入手数料では販売しないファンド)は、ここでは記載していません。

1.グローバル・コモディティ・オープン
(年間分配金2位 年間分配金1240円 手数料上限3.15%)

●手数料1.05%(上限値に対し約67%引き)

フィデリティ証券
ジョインベスト証券

2.ラサール・グローバルREITファンド
(年間分配金3位 年間分配金1200円 手数料上限3.15%)

●手数料1.26%(上限値に対し60%引き)

スルガ銀行(インターネット/テレフォンバンキング利用時)
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)

●手数料1.575%(上限値に対し50%引き)

ジョインベスト証券
スルガ銀行(前述の条件以外)


3.ワールド・リート・オープン
(年間分配金3位 年間分配金1200円 手数料上限2.625%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料0%:ノーロード

フィデリティ証券
カブドットコム証券
リテラ・クレア証券

●手数料1.05%(上限値に対し60%引き)

ジャパンネット銀行

●手数料1.575%(上限値に対し40%引き)

秋田銀行

●手数料2.1%(上限値に対し20%引き)

荘内銀行
大光銀行


4.DIAM J-REITオープン(オーナーズ・インカム)
(年間分配金3位 年間分配金1200円 手数料上限3.15%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料1.05%(上限値に対し約67%引き)

フィデリティ証券
オリックス証券
楽天証券
イーバンク銀行
栃木銀行


●手数料1.575%(上限値に対し50%引き)

スルガ銀行

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)

群馬銀行
鳥取銀行
岐阜信金
エル・ピーエル日本証券
日興コーディアル証券
証券ジャパン
ひろぎんウツミ屋証券

●手数料2.625%(上限値に対し約17%引き)

第一生命


5.短期豪ドル債オープン
(年間分配金5位 年間分配金1150円 手数料上限2.1%)

●手数料1.575%(上限値に対し50%引き)

百十四銀行
楽天証券(500万円以上1000万円未満。500万円未満は2.1%)
阿波銀行(同上)
三木証券(500万口以上1億口未満。500万口未満 は2.1%)


6.フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
(年間分配金6位 年間分配金1140円 手数料上限3.15%)

●手数料0%:ノーロード

フィデリティ証券(定時定額購入サービス専用。10万円以上)
※上記サービス専用での5万円以上10万円未満:0.525%、1万円以上5万円未満:1.05%

●手数料1.365%(上限値に対し約57%引き)

フィデリティ証券(300万円以上1000万円未満。300万円未満は1.7325%)

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)


カブドットコム証券
オリックス証券
エース証券

●手数料2.625%(上限値に対し約17%引き)

七十七銀行
三菱東京UFJ銀行(100万円以上1,000万円未満)
香港上海銀行(500万円以上1000万円未満)


7.ゴールドマン・サックス 米国REITファンド Bコース(為替ヘッジなし)(コロンブスの卵)
(年間分配金8位 年間分配金1060円 手数料上限2.625%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料


●手数料1.575%(上限値に対し40%引き)

楽天証券
ジェット証券
イーバンク銀行
みずほ信託銀行

●手数料2.1%(上限値に対し20%引き)

四国銀行
七十七銀行
静銀ティーエム証券
東邦銀行
広島銀行
福岡銀行
北海道銀行
武蔵野銀行
山形銀行


8.ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(年間分配金9位 年間分配金1050円 手数料上限3.675%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料2.1%(上限値に対し約29%引き)

極東証券
日本アジア証券
大垣共立銀行
京都銀行
滋賀銀行
十六銀行
常陽銀行

●手数料2.625%(上限値に対し約29%引き)

宇都宮証券(1000万口未満)
新潟証券
香川銀行
群馬銀行
高知銀行
山陰合同銀行
四国銀行
十八銀行
スルガ銀行
第四銀行
東邦銀行
八十二銀行
百十四銀行
みずほ信託銀行
山形銀行
百五銀行(100万円以上1000万円未満。100万円未満3.15%)

●手数料3.15%(上限値に対し約14%引き)

マネックス証券
いちよし証券(1000万口未満)
インヴァスト証券(同上)
東洋証券(同上)
エース証券
静銀ティーエム証券
高木証券
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)
野村證券
浜銀TT証券
ひろぎんウツミ屋証券
三菱UFJ証券
あおぞら銀行
伊予銀行
関西アーバン銀行
北日本銀行
七十七銀行
住友信託銀行
千葉銀行
中央三井信託銀行
東京都民銀行
西日本シティ銀行
肥後銀行
広島銀行
福井銀行
北海道銀行
北國銀行
みなと銀行
もみじ銀行
山口銀行
山梨中央銀行
横浜銀行

※詳細は運用会社の情報を確認してください。


9.ダイワ・グローバルREITオープン(世界の街並み)
(年間分配金10位 年間分配金1020円 手数料上限2.625%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料1.575%(上限値に対し40%引き)

農林中央金庫

●手数料2.1%(上限値に対し20%引き)

富山第一銀行


10.MHAM J-REITアクティブオープン(物件満彩)
(年間分配金11位 年間分配金985円 手数料上限2.625%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料1.05%(上限値に対し60%引き)

SBI証券

●手数料2.1%(上限値に対し20%引き)

楽天証券
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)
北越銀行
北海道銀行


11.AIG新成長国債券プラス(ブルーオーシャン)
(年間分配金13位 年間分配金965円 手数料上限3.675%)

●手数料2.1%(上限値に対し約29%引き)

フィデリティ証券(インターネット取引のみの料率)
オリックス証券(1000万口未満)
楽天証券
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)
(100万円以上1000万円未満。100万円未満2.625%)
百五銀行(100万円以上1000万円未満。100万円未満2.625%)
大垣共立銀行
鹿児島銀行
東和銀行

●手数料2.625%(上限値に対し約29%引き)

東邦銀行

●手数料2.835%(上限値に対し約23%引き)

福岡銀行(インターネット取引のみの料率)

●手数料3.15%(上限値に対し約14%引き)

足利銀行
愛媛銀行
静銀ティーエム証券
十八銀行
みなと銀行


12.エマージング・ソブリン・オープン
(年間分配金14位 年間分配金960円 手数料上限3.15%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料0%:ノーロード

フィデリティ証券
カブドットコム証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
岩井証券
ジャパンネット銀行
イーバンク銀行

●手数料1.575%(上限値に対し50%引き)

篠山証券

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)

新生銀行
宮崎太陽銀行

●手数料2.625%(上限値に対し約17%引き)

オリックス証券
東京海上日動火災保険
関東つくば銀行
第四銀行
きらやか銀行


13.財産3分法ファンド
(年間分配金14位 年間分配金960円 手数料上限3.15%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料1.575%(上限値に対し50%引き)

荘内銀行
滋賀銀行
山陰合同銀行
宮崎銀行
琉球銀行
山形しあわせ銀行

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)

フィデリティ証券
マネックス証券
日興コーディアル証券
野村証券
みちのく銀行
秋田銀行
北都銀行
七十七銀行
東邦銀行
群馬銀行
足利銀行
常陽銀行
武蔵野銀行
千葉興業銀行
第四銀行
山梨中央銀行
八十二銀行
富山銀行
福井銀行
スルガ銀行
十六銀行
京都銀行
池田銀行
阿波銀行
百十四銀行
伊予銀行
四国銀行
佐賀銀行
肥後銀行
西日本シティ銀行
北洋銀行
札幌銀行
きらやか銀行
東和銀行
栃木銀行
第三銀行
徳島銀行
香川銀行
長崎銀行
南日本銀行
労働金庫連合会

●手数料2.625%(上限値に対し約17%引き)

鳥取銀行


14.フィデリティ・US リート・ファンド B(為替ヘッジなし)
(年間分配金14位 年間分配金960円 手数料上限2.625%)

●手数料1.365%(上限値に対し48%引き)

フィデリティ証券(インターネット取引)
(300万円以上1000万円未満。300万円未満1.7325%)
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)(金額条件は同上)
ジョインベスト証券
(300万口以上1000万口未満。300万口未満1.7325%)

●手数料2.1%(上限値に対し20%引き)

マネックス証券
新生銀行

15.三井住友・グローバル・リート・オープン(世界の大家さん)
(年間分配金14位 年間分配金960円 手数料上限3.15%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料0%:ノーロード

二浪証券

●手数料1.575%(上限値に対し50%引き)

ジョインベスト証券
イーバンク銀行
コスモ証券
日興コーディアル証券

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)

いちよし証券
ひろぎんウツミ屋証券
おきなわ証券
スターツ証券
中央証券
そしあす証券
東洋証券
内藤証券
成瀬証券
日の出証券
のぞみ証券
明和証券
北國銀行
伊予銀行
あおぞら銀行
仙台銀行

●手数料2.625%(上限値に対し約17%引き)

青森銀行
東京都民銀行
エース証券


16.三井住友・ヨーロッパ国債ファンド
(年間分配金14位 年間分配金960円 手数料上限2.1%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料1.575%(上限値に対し25%引き)

フィデリティ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
極東証券
東洋証券
日興コーディアル証券
ジャパンネット銀行
イーバンク銀行
中國銀行(バンク・オブ・チャイナ)


17.エマージング・カレンシー・債券ファンド
(年間分配金14位 年間分配金960円 手数料上限3.675%)

※以下は購入金額に関係ない上限値としての手数料

●手数料2.1%(上限値に対し約43%引き)

フィデリティ証券
ジョインベスト証券
楽天証券
マネックス証券
日興コーディアル証券
イーバンク銀行

●手数料2.5725%(上限値に対し30%引き)

八千代銀行

●手数料2.625%(上限値に対し約29%引き)

おきなわ証券

●手数料3.15%(上限値に対し約14%引き)

ジェット証券
今村証券
香川証券
コスモ証券
新生証券
トレイダーズ証券
内藤証券
日産センチュリー証券
野村証券
ワイエム証券
三井生命
新生銀行
西京銀行


18.パン・パシフィック外国債券オープン
(年間分配金15位 年間分配金950円 手数料上限2.625%)

●手数料1.05%(上限値に対し60%引き)

岡三オンライン証券(100万口以上1000万口未満。100万口未満1.575%)

●手数料1.47%(上限値に対し44%引き)

武蔵野銀行(インターネット販売。窓口販売2.1%)

●手数料1.575%(上限値に対し40%引き)

フィデリティ証券
楽天証券
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)
ジェット証券
イーバンク銀行

●手数料2.1%(上限値に対し20%引き)

東海東京証券
オーストラリア・ニュージーランド銀行
第三銀行


19.ニッセイ高金利国債券ファンド(スリーポイント)
(年間分配金16位 年間分配金940円 手数料上限2.1%)

●手数料1.1025%(上限値に対し約47%引き)

七十七銀行(インターネット販売。窓口販売1.575%)

●手数料1.575%(上限値に対し25%引き)

荘内銀行
東邦銀行
常陽銀行
滋賀銀行
山陰合同銀行


20.シュローダー エマージング・ソブリン債券(現地通貨建て)ファンド(さいけん太郎 毎月分配)
(年間分配金17位 年間分配金920円 手数料上限3.15%)

●手数料1.05%(上限値に対し77%引き)

楽天証券(500万以上。100万円以上500万円未満2.1%。100万円未満3.15%)
オリックス証券(500万口以上。100万口以上500万口未満1.575%。50万口以上100万口未満2.625%。50万口未満3.15%)
ジョインベスト証券(500万口以上。100万口以上500万口未満2.1%。100万口未満3.15%)
ジャパンネット銀行(500万以上。100万円以上500万円未満2.1%。100万円未満3.15%)

●手数料1.365%(上限値に対し約57%引き)

フィデリティ証券(インターネット取引:300万円以上1,000万円未満。100万円以上300万円未満1.7325%。100万円未満2.1%)

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)

イーバンク銀行
日興コーディアル証券(投信スーパーセンターのみ)
(300万円以上1000万円未満。100万円以上300万円未満2.625%。100万円未満3.15%)


21.世界高金利債券ファンド(債券万博)
(年間分配金18位 年間分配金910円 手数料上限3.15%)

●手数料2.1%(上限値に対し約33%引き)

楽天証券
ジョインベスト証券
南日本銀行
三井生命保険


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/11/27(木) 07:00:00|
  2. 手数料無料・割安の分配金が多いファンド
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ