毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


毎月分配型投信リターンランキング(09年7月版)

毎月分配型投資信託全体について、年間、6ヶ月、3ヵ月、1ヶ月の各リターンを比較してみました。
決算期間は2008年7月から2009年6月末までを対象にしました。
調査対象数は年間406本、6ヶ月437本、3ヵ月448本、1ヶ月472本です。投信分類別分配金ランキングでは対象にしていなかった国内債券型、国内株式型、コモディティ型も含めました。

<調査結果の要約>

●年間リターンが最もよいファンドは、国際債券型の「りそな・米国政府機関証券ファンド(為替ヘッジあり)(毎月倶楽部)」(前回も1位)

●年間リターンがよいタイプでは、国際債券型が最も多い(全て為替ヘッジありのタイプ)

●6ヶ月リターンが最もよいファンドは、国際債券型の「欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)」

●6ヶ月リターンがよいタイプでは、国際債券型が最も多い(欧米の社債等や、新興国対象が多い)

●3ヶ月リターンが最もよいファンドは、国際REIT型の「フィデリティ・US リート・ファンド A(為替ヘッジあり)」

●3ヶ月リターンがよいタイプでは、国際REIT型が最も多い(米国対象が多く、為替ヘッジありの方が上位)

●1ヶ月リターンが最もよいファンドは、国内REIT型の「日本Jリートオープン」

●1ヶ月リターンがよいタイプは、国内REIT型が最も多い(インデックス・ファンドの方が上位)


1.年間リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の年間リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
前回調査時に比べ、リターンが最もよくなったのは、国内REIT型です(11.5ポイント増)。前回よりリターンが改善したのは、コモディティ型を除く、6タイプです。

毎月分配型全体平均 -20.3%(前回-23.3%)

1位 国内債券型 2.5%(対象4本)前回2.4%
2位 国際債券型 -13.2%(214本)前回-14.5%
3位 バランス型 -20.7%(99本)前回-24.6%
4位 国内REIT型 -24.9%(14本)前回-36.4%
5位 国際株式型 -33.7%(30本)前回-39.4%
6位 国際REIT型 -44.6%(42本)前回-50.5%
7位 コモディティ型 -58.3%(2本)前回-54.7%

国内株式型は1本だけなので、除外しました。ちなみに、日興アセット「株ちょファンド日本」で-20.8%(前回-29.7%)です。

2)上位10本

順位運用会社投資信託名投信分類年間リターン年間分配金6月分配金
1SGアセットりそな・米国政府機関証券ファンド(為替ヘッジあり)国際債券5.324020
2ゴールドマンサックスゴールドマンサックス世界債券オープンCコース(毎月分配、限定為替ヘッジ)国際債券5.212010
3国際投信ザ・ルーミス・ファンド国際債券4.124020
4大和投資信託ダイワ日本国債ファンド国内債券3.324020
5国際投信ジャパン・ソブリン・オープン国内債券2.812010
6ピクテ投信ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(為替ヘッジコース)国際債券2.650050
7ニッセイアセットニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)国内債券2.212010
8シュローダー投信シュローダー月果美人国内債券1.928520
9野村アセット野村ファンドラップ日本債券国内債券1.7968
10野村アセット野村豪州債券ファンドCコース(為替ヘッジあり)国際債券1.68414

ファンドの特徴をみると、上位3本は、国際債券型です。
本数では、国際債券型が最も多く、10本中6本を占めており、6本全て為替ヘッジありのタイプです。

年間リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです。
年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「ピクテ・ハイインカム・ソブリン・ファンド(為替ヘッジコース)」の86位です。

2.6ヶ月リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の6ヶ月リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
年間リターンの平均と比べ、特に、コモディティ型の順位が上がり(年間7位が6ヶ月1位へ)、国内債券型の順位が最も下がっています(年間1位が6ヶ月7位へ)。
年間リターンと比べ、リスクが高めの資産を対象にしたタイプ(コモディティ型、国際株式型)が上位にあります。

毎月分配型全体平均13.2%

1位 コモディティ型 17.7%(対象2本)
2位 国際債券型 15.9%(242本)
3位 国際株式型 14.1%(30本)
4位 バランス型 11.4%(102本)
5位 国内REIT型 8.1%(14本)
6位 国際REIT型 4.6%(42本)
7位 国内債券型 0.3%(4本)

国内株式型は1本だけなので、除外しました。ちなみに、日興アセット「株ちょファンド日本」で7.7%です。

2)上位10本

順位運用会社投資信託名投信分類6ヶ月リターン年間分配金6月分配金
1野村アセット欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)国際債券43.0900100
2フィデリティ投信フィデリティ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月決算型)国際債券41.100
3野村アセット野村米国好利回り社債投信Dコース国際債券40.855043
4JPモルガンアセットJPMエマージング株式ファンド(毎月決算型)(成長果実)国際株式40.712010
5UBSアセットUBSニュー・メジャー・バランス・ファンドバランス39.339060
6野村アセット高利回り社債オープン国際債券38.672060
7ドイチェアセットDWSブラジル・レアル債券ファンド(毎月分配型)国際債券38.551085
8UBSアセットUBSブラジル・レアル債券投信(毎月分配型)国際債券37.253055
9ピクテ投信ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)国際株式36.636030
10三菱UFJ投信ブラデスコ ブラジル債券ファンド(分配重視型)国際債券36.4500100

ファンドの特徴をみると、年間リターンに比べ、社債などリスクが比較的高めの資産を対象にしたファンドが多いです。特に上位3本は、欧米の社債等を対象にしたファンドです。
本数では、国際債券型が最も多く、10本中7本を占めています。この7本の内訳は、国際債券型でもリスクが高めの分野を対象にしており、欧米の社債等を対象4本、新興国(ブラジル)対象3本です。
国際債券型以外のタイプ3本の投資対象地域は、全て新興国です。


6ヶ月リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです。
年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)」の19位です。

3.3ヶ月リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の3ヶ月リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
年間リターンの平均と比べ、特に、国際REIT型の順位が上がり(年間6位が3ヶ月1位へ)、国内債券型の順位が最も下がっています(年間1位が3ヶ月8位へ)。
年間リターンと比べ、リスクが高めの資産を対象にしたタイプが上位にあります。

毎月分配型全体平均13.2%

1位 国際REIT型 31.7%(対象42本)
2位 国内株式型 19.5%(2本)
3位 国際株式型 19.0%(30本)
4位 コモディティ型 16.2%(2本)
5位 バランス型 12.2%(102本)
6位 国内REIT型 12.0%(15本)
7位 国際債券型 10.1%(251本)
8位 国内債券型 0.8%(4本)

2)上位10本

順位運用会社投資信託名投信分類3ヶ月リターン年間分配金6月分配金
1フィデリティ投信フィデリティ・US リート・ファンドA(為替ヘッジあり)国際REIT44.861060
2ニッセイアセットニッセイ/AEW・米国リートオープンAコース(為替ヘッジあり)国際REIT42.035010
3フィデリティ投信フィデリティ・US リート・ファンドB(為替ヘッジなし)国際REIT41.791085
4岡三アセットワールド・リート・セレクション(米国)為替ヘッジあり(十二絵巻 為替ヘッジあり)国際REIT40.736030
5AIGインベストメンツAIG米国REITインカムファンド(バイリンガル)Aコース(為替ヘッジあり)国際REIT40.324020
6岡三アセットワールド・リート・セレクション(米国)(十二絵巻)国際REIT40.248040
7ニッセイアセットニッセイ/AEW・米国リートオープンBコース(為替ヘッジなし)国際REIT38.640010
8AIGインベストメンツAIG米国REITインカムファンド(バイリンガル)Bコース(為替ヘッジなし)国際REIT37.336030
9大和投資信託ダイワUS-REITオープンAコース(為替ヘッジあり)国際REIT35.948040
10大和投資信託ダイワ・米国リートファンド国際REIT34.748040

ファンドの特徴をみると、年間リターンに比べ、リスクが高めの資産を対象にしたファンドが多く、10本全て国際REIT型です。
投資地域は全て米国対象で、為替ヘッジありのタイプの方が上位にあります。

3ヶ月リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです(63位以下が10本のうち9本を占める)。
年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「フィデリティ・US リート・ファンドB(為替ヘッジなし)」の18位です。

4.1ヶ月リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の1ヶ月リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
年間リターンの平均と比べ、特に、コモディティ型の順位が上がり(年間7位が1ヶ月3位へ)、国内債券型の順位が最も下がっています(年間1位が1ヶ月8位へ)。
年間リターンと比べ、リスクが高めの資産を対象にしたタイプが上位にあります。ベスト2は国内投資のタイプになっています(恐らく円高の影響)。

毎月分配型全体平均2.0%(前回4.4%)

1位 国内REIT型 7.6%(15本)前回5.3%3
2位 国内株式型 3.3%(対象7本)前回13.4%
3位 コモディティ型 2.2%(2本)前回12.7%4
4位 バランス型 2.1%(102本)前回4.3%
5位 国際債券型 1.8%(269本)前回3.9%
6位 国際株式型 1.3%(30本)前回8.7%
7位 国際REIT型 0.9%(42本)前回2.5%
8位 国内債券型 0.8%(5本)前回-0.1%

2)上位10本

順位運用会社投資信託名投信分類1ヶ月リターン年間分配金6月分配金
1岡三アセット日本Jリートオープン国内REIT10.236030
2大和投資信託ダイワJ-REITオープン(毎月決算型)国内REIT9.872060
2新光投信J-REITパッケージ国内REIT9.872060
3新光投信新光J-REITオープン国内REIT9.672060
4みずほ投信MHAM J-REITインデックスファンド(ビルオーナー)国内REIT9.550442
5三菱UFJ投信オーストラリア・リート・オープン国際REIT9.276040
6DIAMアセットDIAM J-REITオープン(オーナーズ・インカム)国内REIT8.2112080
6DIAMアセットDIAM J-REITアクティブファンド(ハッピー・オーナー)国内REIT8.230025
7野村アセット野村日本不動産投信国内REIT8.024020
8しんきんアセットしんきんJリートオープン国内REIT7.472060
8みずほ投信MHAM J-REITアクティブオープン(物件満彩)国内REIT7.442035

ファンドの特徴をみると、年間リターンに比べ、リスクが高めの資産を対象にしたファンドが多く、11本全てREIT型です(国内REIT10本、国際REIT1本)。
上位5本のうち、1位を除く4本はインデックス・ファンドです。

1ヶ月リターンがよいファンドは、全体的にみて分配金が多くはないです(37位以下が11本のうち10本を占める)。
年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「DIAM J-REITオープン(オーナーズ・インカム)」の7位です。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/07/29(水) 07:00:00|
  2. 分配金ランキング(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年4回、年6回(隔月)分配型投信リターンランキング(09年7月版)

年4回分配型および年6回(隔月)分配型投資信託全体について、年間、6ヶ月、1ヶ月の各リターンを比較してみました。
決算期間は2008年7月から2009年6月末までを対象にしました。
調査対象数は年間リターン252本、6ヶ月リターン274本、1ヶ月リターン280本です。


<調査結果の要約>

●年間リターンが最もよいファンドは、国際債券型の「ノムラ・ボンド・インカム・オープン」

●年間リターンがよいタイプでは、国際債券型が最も多い(全て為替ヘッジありのタイプ)。上位4本では、国内債券型が最も多い(3本)

●6ヶ月リターンが最もよいファンドは、国際株式型の「HSBCブラジル株式ファンド(3カ月決算型)」

●6ヶ月リターンがよいタイプは、新興国対象のファンド(上位20本中19本が該当。このうち国際株式型は15本)

●1ヶ月リターンが最もよいファンドは、国内REIT型の「三菱UFJ Jリートオープン」

●1ヶ月リターンがよいタイプは、国内REIT型のファンド(上位11本中10本が該当)


1.年間リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の年間リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
前回調査時の年間リターンと比べ、リターンが最も増加したタイプは、国内REIT型です(12.4ポイント増)。

全体平均 -21.0%(前回調査-25.0%)

1位 国内債券型 -0.5%(対象12本)前回0.7%
2位 国際債券型 -9.2%(60本)前回-10.1%
3位 バランス型 -20.1%(75本)前回-24.2%
4位 国内REIT型 -23.4%(7本)前回-35.8%
5位 国内株式型 -25.3%(37本)前回-31.8%
6位 国際株式型 -32.9%(54本)前回-39.7%
7位 コモディティ型 -47.3%(2本)前回-29.3%
8位 国際REIT型 -48.5%(5本)前回-54.5%

※コモディティ型の前回値は1本のみ対象(岡三アセット「コモディティ・セレクション(食糧)」)

2)上位20本

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数年間リターン年間分配金最新分配金
1野村アセットノムラ・ボンド・インカム・オープン国際債券44.311535
2T&DアセットT&D日本債券安定型運用ファンドB号(奇数月決算型)国内債券63.211835.55
2T&DアセットT&D日本債券安定型運用ファンドA号(偶数月決算型)国内債券63.2590
3野村アセット野村日本債券インデックスファンド国内債券42.88020
4住信アセット住信 米国国債ファンド アルファAコース(為替ヘッジあり)国際債券42.300
5安田投信安田グローバル・ボンド・オープン(ファルコン)Aポートフォリオ/為替ヘッジありバランス42.016030
5新光投信日本債券オープン国内債券42.04010
6大和投資信託ダイワ・ルーミス・債券ファンド(偶数分配)国際債券61.615025
6レッグメイソンLM・ユーロ・アルファ ポートフォリオB(為替ヘッジあり)国際債券41.612030
7損保ジャパンアセット損保ジャパン-TCW・MBSファンドAコース(為替ヘッジあり)こむぎ畑Aコース国際債券40.800
8大和投資信託ダイワ・ルーミス・債券ファンド(奇数分配)国際債券60.715025
8国際投信ホープ(3ヵ月決算型)2号国内債券40.77714.57
8国際投信ホープ(3ヵ月決算型)1号国内債券40.77514.9
9国際投信ホープ(3ヵ月決算型)3号国内債券40.6649.82
10日興アセット日興・ピムコ・グローバル短期債券ファンド(債蔵)国際債券40.46015
10みずほ投信MHAMモルガン インカム・アドバンテージ国際債券40.316040
12ピムコピムコ変動利付日本国債オープン国内債券4-0.400
13大和投資信託ダイワ日本国債三分法国内債券4-0.76015
14大和住銀投信大和住銀グローバル短期債券ファンド(サンゴ礁)国際債券4-1.282
15三井住友アセット三井住友・USボンドオープン(為替ヘッジ型)(たのしみ)国際債券4-2.2400100

ファンドの特徴をみると、上位4本(3位まで)のうち3本は、国内債券型です。

本数では、国際債券型が最も多く、20本中10本を占めています。国際債券型で特に多いタイプは、為替ヘッジありのタイプです(10本全てこのタイプ)。

前回調査時のリターンと比較した場合、リターンが最も増加したタイプは、国内REIT型です(12.4ポイント増)。

年間リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです。
年4回分配型の年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「三井住友・USボンドオープン(為替ヘッジ型)(たのしみ)」の24位です。
年6回(隔月)分配型の年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「ダイワ・ルーミス・債券ファンド(偶数分配)」、「ダイワ・ルーミス・債券ファンド(奇数分配)」の29位です。

2.6ヶ月リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の6ヶ月リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
年間リターンの平均と比べ、特に、国際株式型の順位が上がり(年間6位が6ヶ月1位へ)、国内債券型の順位が最も下がっています(年間1位が1ヶ月9位へ)。
年間リターンと比べ、リスクが高めの資産を対象にしたタイプが上位にあります。

全体平均31.1%

1位 国際株式型 31.1%(60本)
2位 為替型(ETF) 22.4%(3本)
3位 コモディティ型 18.2%(2本)
4位 バランス型 13.9%(79本)
5位 国内REIT型 12.6%(10本)
6位 国内株式型 10.0%(対象41本)
7位 国際債券型 8.7%(62本)
8位 国際REIT型 5.4%(5本)
9位 国内債券型 1.3%(12本)

2)上位20本

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数6ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1HSBC投信HSBCブラジル株式ファンド(3ヶ月決算型)国際株式480.600
2HSBC投信HSBCインド株式ファンド(3ヶ月決算型)国際株式476.9300
3大和投資信託ダイワ・ブラジル株式ファンド国際株式470.200
4大和投資信託ダイワ・インド株ファンド(パワフル・インド)国際株式462.900
5ゴールドマンサックスGS BRICs株式ファンド国際株式462.800
6PCAアセットPCAインド株式ファンド(3ヵ月決算型)バランス456.900
7ゴールドマンサックスBRICs株式インデックス・ファンド国際株式456.800
8BNPパリバBNPパリバ・ブラジル・ファンド(バランス型)バランス456.638090
9JPモルガンアセットJPM・BRICS5・ファンド(3ヶ月決算型)(ブリックスの果実)国際株式456.5200
10岡三アセットロシア・バランス・オープンバランス455.89030
11シュローダー投信シュローダーBRICs株式ファンド国際株式453.526565
12野村アセット野村アジア成長国株ファンド(ネオアジア)国際株式451.0400
13三菱UFJ投信三菱UFJ ワールド資源株オープン(3カ月決算型)国際株式450.800
14フィデリティ投信フィデリティ・EMEA・ファンド(3ヵ月決算型)国際株式447.600
15ゴールドマンサックスGSアジア不動産株&リート・ファンドバランス445.600
16T&Dアセット中国株厳選ファンド3カ月決算型(百花繚乱3カ月決算型)国際株式445.400
17日興アセットエマージング10国際株式443.115030
17三井住友アセットアジア優良株ファンド国際株式643.100
18シュローダー投信シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)(かぶしき花子 3ヵ月分配)国際株式442.400
19HSBC投信HSBC中国株式ファンド(3ヵ月決算型)国際株式441.7400

ファンドの特徴をみると、年間リターンに比べ、株式などリスクが高めの資産を対象にしたファンドが多いです。
投信分類で最も多いタイプは、国際株式型の16本です。
投資対象地域は、大半が新興国で20本中19本を占めます。特にベスト4は、ブラジルとインド対象のファンドです。

6ヶ月リターンがよいファンドは分配金が多い方ではないです。年間無配のファンドが20本のうち12本を占めます(半期無配は16本を占める)。

年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「BNPパリバ・ブラジル・ファンド(バランス型)」の26位です。
半期分配金の順位で最も高い順位にあるのは「BNPパリバ・ブラジル・ファンド(バランス型)」の22位(半期分配金180円)です。

3.1ヶ月リターン

1)投信分類別 平均比較

投信分類別の1ヶ月リターン平均値を、リターンのよい順にすると、以下のとおりです。
年間リターンの平均と比べ、特に、国際REIT型の順位が上がり(年間8位が1ヶ月4位へ)、国内債券型の順位が最も下がっています(年間1位が1ヶ月6位へ)。
年間リターンと比べ、リスクが高めの資産を対象にしたタイプが上位にあります。特に国内投資のファンドがベスト2を占めています(この2タイプは、年間リターンでの順位と比べると、国際REIT型の次に順位が上がっています)。

全体平均2.3%(前回調査時6.2%)

1位 国内REIT型 8.7%(11本)前回5.5%
2位 国内株式型 3.4%(対象42本)前回8.2%
3位 バランス型 2.3%(79本)前回5.8%
4位 国際REIT型 1.8%(6本)前回2.3%
5位 国際株式型 1.7%(61本)前回11.8%
5位 国際債券型 1.7%(63本)前回1.7%
6位 国内債券型 0.7%(13本)前回0.2%
7位 為替型(ETF) 0.2%(3本)前回7.4%
8位 コモディティ型 -3.2%(2本)前回12.0%

2)上位20本

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数1ヶ月リターン年間分配金最新分配金
1三菱UFJ投信三菱UFJ Jリートオープン国内REIT411.4720180
2野村アセットJ-REITオープン国内REIT410.824060
3三井住友アセットノーロードファンド「維新」国内株式410.300
4野村アセットNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信国内REIT410.01711.6
4日興アセット上場インデックスJリート(東証REIT指数)隔月分配型(上場Jリート)国内REIT610.037.119.52
5大和投資信託ダイワJ-REITオープン国内REIT49.9720180
5日興アセットインデックスファンド Jリート国内REIT49.936090
6大和投資信託ダイワJリート・ファンド国内REIT48.715050
7ニッセイアセットニッセイJ-REITファンド(2ヵ月決算型)国内REIT48.240050
8DIAMアセットDIAM J-REITオープン(2カ月決算コース)(オーナーズ・インカム2M)国内REIT68.1640100
9三井住友アセット三井住友・Jリート・アクティブ・ファンド国内REIT47.600
10BNPパリバ九州特化型日本株式ファンド(3ヵ月決算型)(がんばれ九州 3ヵ月決算型)国内株式47.200
11HSBC投信HSBC中国株式ファンド(3ヵ月決算型)国際株式46.5400
12T&Dアセット中国株厳選ファンド3カ月決算型(百花繚乱3カ月決算型)国際株式46.400
13野村アセット米国優先証券オープン国際債券46.0446107
14BNPパリバNCドリーム 九州アジアファンドバランス45.900
15日興アセットオーストラリア株式ファンド国際株式45.73030
16野村アセット野村アジア成長国株ファンド(ネオアジア)国際株式45.6400
17フィデリティ投信フィデリティ・アジア3資産・ファンド(アジアのチカラ)バランス65.525040
18ユナイテッドアクティブ・バリュー債券ファンド(隔月決算型)国際債券65.454090
18大和投資信託インベスコ オーストラリア株式ファンド国際株式45.412040

ファンドの特徴をみると、年間リターンに比べ、REITや株式などリスクが高めの資産を対象にしたファンドが多いです。
投信分類で最も多いタイプは、国内REIT型の10本です。

1ヶ月リターンがよいファンドは、他のリターンに比べ、分配金が多いファンドを含みます。
年間分配金の順位で最も高い順位にあるのは「三菱UFJ Jリートオープン」、「ダイワ・J-REITオープン」の12位です。
半期分配金の順位で最も高い順位にあるのは「三菱UFJ Jリートオープン」、「ダイワ・J-REITオープン」の11位(半期分配金360円)です。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/07/28(火) 07:00:00|
  2. 年4回・年6回:隔月分配型ファンド分配金ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ