毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


09年11月下旬分:毎月分配型、年4回・年6回分配型投信の分配金

今月(11月)下旬分(21日以降)の毎月分配型、年4回分配型、年6回:隔月分配型ファンドの分配金の結果をまとめました。
なお、分配金の増減があったファンド(ボーナス分配含む)や設定後初回の分配があったファンドを対象にしました。

<調査結果の要約>

1)分配回数ごとの概況

 増配:毎月分配型10本(前月下旬1本)
    年4回・年6回分配型0本(前月下旬2本)

 減配:毎月分配型2本(前月下旬2本)
    年4回・年6回分配型2本(前月下旬1本)

 ボーナス分配:毎月分配型0本(前月下旬0本)
    年4回・年6回分配型0本(前月下旬0本)

 初回分配:毎月分配型1本(前月下旬11本)
    年4回・年6回分配型0本(前月下旬0本)

2)毎月分配型ファンドの分配金で増加したファンドは「フィデリティ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月決算型)」(150円。前月より50円増)

3)毎月分配型ファンドの分配金が最も減少したファンドは、「UBS世界公共インフラ債券投信・トルコリラコース(毎月分配型)」(95円。10円減)。
年4~6回分配型ファンドの分配金が最も減少したファンドは「パインブリッジ新成長国債インカムオープン(レインボーシート)」(100円。前期より40円減)

4)ボーナス分配を実施しなかったファンドは7本(対象期間にボーナス分配を行う予定のファンド7本)

5)初回分配のファンドは1本(毎月分配型の国際債券型)。
決算日の基準価格(分配落ち)は、10000円超


1.分配金が前期より増加したファンド

※増額の単位は円
※増額が多い順に列挙
※分配金での「無」は、設定日の関係で分配を実施しなかったことを示す
※基準価格は、決算日の基準価格(分配落ち)

<毎月分配型>

順位運用会社投資信託名投信分類11月増額10月9月8月昨年11月増配等基準価格
1フィデリティ投信フィデリティ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月決算型)国際債券150501001000なし15411
2野村アセット野村米国ハイ・イールド債券投信 南アフリカランドコース(毎月分配型)国際債券200401601601601月、7月13699
2野村アセット野村米国ハイ・イールド債券投信 ブラジルレアルコース(毎月分配型)国際債券200401601601601月、7月13239
2野村アセット野村米国ハイ・イールド債券投信 豪ドルコース(毎月分配型)国際債券150401101101101月、7月14463
2野村アセット野村日本ブランド株投資(ブラジルレアルコース)毎月分配型国内株式110407070704月、10月11878
2野村アセット野村日本ブランド株投資(豪ドルコース)毎月分配型国内株式60402020204月、10月12070
3野村アセット野村日本ブランド株投資(南アフリカランドコース)毎月分配型国内株式80305050504月、10月10981
4野村アセット野村米国ハイ・イールド債券投信 ユーロコース(毎月分配型)国際債券100208080801月、7月11850
5野村アセット野村日本ブランド株投資(円コース)毎月分配型国内株式1055554月、10月10512
6三菱UFJ投信三菱UFJ バランスインカム・グローバルバランス20416212217毎期変動6376

フィデリティ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月決算型)は、過去3ヶ月以内で、2回目の増配です(前回の増配は、9月に0円を100円に増配)。

2.分配金が前期より減少したファンド

※減額の単位は円
※減額が多い順に列挙
※基準価格は、決算日の基準価格(分配落ち)

<毎月分配型>

順位運用会社投資信託名投信分類11月減額10月9月8月昨年11月増配等基準価格
1UBSアセットUBS世界公共インフラ債券投信・トルコリラコース(毎月分配型) 国際債券95-101054月、10月9609
2ニッセイアセットニッセイ/パトナム・毎月分配インカムオープン国際債券20-222242630毎期変動6483

<年4回分配型、年6回:隔月分配型>

順位運用会社投資信託名投信分類決算回数11月減額前期昨年11月基準価格
1パインブリッジパインブリッジ新成長国債インカムオープン(レインボーシート)国際債券6100-401401406752
2野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Dコース(為替ヘッジなし)国際債券676-379986490

UBS世界公共インフラ債券投信・トルコリラコース(毎月分配型)は減配となりましたが、同じファンドで為替ヘッジ対象通貨が異なるコース4本(円、豪ドル、ブラジルレアル、南アフリカランド)の11月の分配金は、前月と同じでした。

ニッセイ/パトナム・毎月分配インカムオープンは、5期連続の減配となりました。投資対象は米国債券(国債、社債等)です。

パインブリッジ新成長国債インカムオープン(レインボーシート。旧AIG)は、2006年5月期以降、約3年半に渡って毎期140円の分配金でしたが、今回減配となりました。

ハイ・イールド ボンド オープン Dコース(為替ヘッジなし)は、2008年11月期以降、7期連続の減配となりました。

3.ボーナス分配を実施しなかったファンド

※基準価格は、決算日の基準価格(分配落ち)

<毎月分配型>

運用会社投資信託名投信分類11月昨年11月金額差基準価格ボーナス分配
ゴールドマン・サックスゴールドマン・サックス 米国REITファンド Bコース(為替ヘッジなし)国際REIT3080-504095(2、5、8、11月)
ゴールドマン・サックスゴールドマン・サックス 米国REITファンド Aコース(為替ヘッジあり)国際REIT3070-405122(2、5、8、11月)
野村アセットコインの未来(毎月分配型)国際債券4060-2079142、5、8、11月
大和住銀投信アジア・オセアニア3資産分散ファンド(毎月分配型)バランス3535062242、5、8、11月
JPモルガンアセットJPMエマージング株式ファンド(毎月決算型)(成長果実)国際株式1010058415月、11月
UBSアセットUBSニュー・メジャー・バランス・ファンドバランス60303075442、5、8、11月

<年6回:隔月分配型>

運用会社投資信託名投信分類決算回数11月昨年11月金額差基準価格ボーナス分配
大和住銀投信グローバル資産分散オープン(メインパートナー)バランス63050-2060755月、11月

対象期間にボーナス分配を予定していた7本全てで、ボーナス分配はなく、昨年11月もボーナス分配を実施していません。

ボーナス分配ではない「通常時の分配金」が、昨年11月よりも減配となったファンドが4本あります。

4.設定後初回分配があったファンド

調査対象期間に、初回分配があったファンドは以下のファンドです。

<毎月分配型>

運用会社投資信託名投信分類分配金基準価格ボーナス分配
国際投信アジア・ソブリン・オープン(毎月決算型)国際債券6010151なし

決算日の基準価格は、設定価格10000円を超えています。
主な投資国は、韓国25%、インドネシア23%、フィリピン20%、マレーシア12%などです。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/11/30(月) 20:13:00|
  2. 分配金速報(月中分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maitukibunpai.blog101.fc2.com/tb.php/1069-ebb29a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)