毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


9月下旬分:分配型ファンドの分配金

今回は、今月(9月)下旬分(22日以降)の毎月分配型、年4回分配型、年6回:隔月分配型ファンドの分配金の結果をまとめました。
なお、分配金の増減があったファンド(ボーナス分配含む)や設定後初回の分配があったファンドを対象にしました。

<調査結果の要約>

1)毎月分配型ファンドの分配金で最も増加したのは、興銀第一ライフ「DIAM世界好配当株オープン(世界配当倶楽部)」(190円。前月より150円増加)
 年4回~年6回:隔月分配型ファンドの分配金では、野村アセット「ハイ・イールド ボンド オープン Cコース(為替ヘッジあり)」(26円。前期より3円増加)

2)分配金が増加したファンドは、ボーナス分配を実施したファンドが多い

3)毎月分配型ファンドの分配金で最も減少したのは、ブラックロック「ブラックロック世界好配当株式オープン(世界の息吹)」(20円。前月より130円減少)
 年4回~年6回:隔月分配型ファンドの分配金では、安田投信「安田ジャパン・セレクト(厳選大型)」(0円:無配。前期より500円減少)

4)分配金が減少したファンドは、前回、ボーナス分配を実施したファンドが多い(通常の分配金に戻ったため分配金が減少)

5)初回分配は、年6回:隔月分配型ファンドの大和住銀投信「グローバル資産分散オープン(メインパートナー)」50円


1、分配金が前月(前期)より増加したファンド

 ※増減の単位は円
 ※増減額が多い順に列挙
 ※増配等での()の表記は、目論見書等にボーナス分配の実施時期が明記していない場合
 ※基準価格は、決算日の基準価格(分配落ち)

<毎月分配型>
順位運用会社投資信託名投信分類9月増減8月7月6月増配等基準価格
1興銀第一ライフDIAM世界好配当株オープン(世界配当倶楽部)国際株式190150404011903、6、9、12月10219
2野村アセットグローバルREITオープン国際REIT100505050450(3、6、9、12月)10425


<年4回、年6回:隔月分配型>
順位運用会社投資信託名決算回数投信分類9月増減前期2期前3期前基準価格
1野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Cコース(為替ヘッジあり)6国際債券26323212110650
2野村アセットハイ・イールド ボンド オープン Dコース(為替ヘッジなし)6国際債券103210110010110120


毎月分配型ファンドの分配金で、前月に比べ最も増加したファンドは、興銀第一ライフ「DIAM世界好配当株オープン(世界配当倶楽部)」であり、190円(150円増加)の分配金がでました。

年4回、年6回:隔月分配型ファンドの分配金で、前期に比べ最も増加したファンドは、野村アセット「ハイ・イールド ボンド オープン Cコース(為替ヘッジあり)」であり、26円(3円増加)の分配金がでました。

毎月分配型ファンドで分配金が増加したファンドは、ボーナス分配を実施したファンドです。ただし、グローバルREITオープンは昨年の同じ時期に実施したボーナス分配に比べ分配金が少なくなっています。今年7月以降の世界的なREITの軟調相場や、8月の世界同時株安の影響といえます。

・グローバルREITオープン
 昨年9月の分配金550円(今年9月の分配金100円。昨年より450円減少)

2.分配金が前月(前期)より減少したファンド

 ※増減の単位は円
 ※増減額が多い順に列挙
 ※増配等での()の表記は、目論見書等にボーナス分配の実施時期が明記していない場合
 ※基準価格は、決算日の基準価格(分配落ち)

<毎月分配型>
順位運用会社投資信託名投信分類9月増減8月7月6月増配等基準価格
1ブラックロックブラックロック世界好配当株式オープン (世界の息吹)国際株式20-13015020202月、8月11515
2ゴールドマンサックスゴールドマン・サックス 米国REITファンド Bコース(為替ヘッジなし)国際REIT80-1001808080(2、5、8、11月)12447
3三菱UFJ投信三菱UFJ バランスインカム・グローバルバランス32-43630303毎期変動9361


<年4回、年6回:隔月分配型>
順位運用会社投資信託名決算回数投信分類9月増減前期2期前3期前基準価格
1安田投信安田ジャパン・セレクト(厳選大型)4国内株式0-5005003003009593
2AIG投信AIG-SAIKYO日本株式CSRファンド(すいれん)4国内株式10-390400501009689
3ユナイテッドおきなわ かりゆしファンド4バランス90-1802706019010006


毎月分配型ファンドの分配金で前月に比べ最も減少したファンドは、ブラックロック「ブラックロック世界好配当株式オープン(世界の息吹)」です。前回決算がボーナス分配月でしたが、今回の決算は、通常の分配金レベルに戻ったため、分配金が減少しました(ゴールドマン・サックス 米国REITファンド Bコース(為替ヘッジなし)も同様な状況です)。

年4回、年6回:隔月分配型ファンドの分配金で前月に比べ最も減少したファンドは、安田投信「安田ジャパン・セレクト(厳選大型)」です。基準価格は設定前の募集価格10000円を下回り低迷しています。

年4回、年6回:隔月分配型ファンドで分配金が減少したファンドの投信分類では、国内株式型が多いです。8月の世界同時株安の影響といえます。

3.設定後初回分配があったファンド

調査対象期間に、初回分配があったファンドは年6回:隔月分配型ファンドで、以下のファンドだけです。

運用会社投資信託名決算回数投信分類分配金基準価格ボーナス分配
大和住銀投信グローバル資産分散オープン(メインパートナー)6バランス5096965月、11月

投資対象は、国際債券50%(高格付30%、新興国10%、ハイイールド10%)、株式30%(先進国15%、日本10%、新興国5%)、国際REIT15%・コモディティ5%となっています。

毎月分配型ファンドでは、この調査対象期間に初回分配のファンドはありません。

4.来月10月に設定される分配型ファンド

月末に掲載していた「来月の新設定の分配型ファンド(追加型)」は、今回、現時点では該当なしです。
なお、当初、唯一該当した大和住銀投信「ワールド・ベスト・ファンド(3カ月決算型)」は、都合により募集・設定が中止となりました。
 新ファンド「ワールド・ベスト・ファンド(3 ヵ月決算型)」募集・設定の中止について

<参考:上記ファンドの特徴>
 新ファンド設定のお知らせ

[PR]今回紹介しましたファンドのインターネットでの購入先
今月ボーナス分配を行った「DIAM世界好配当株オープン(世界配当倶楽部)」は、楽天証券であれば手数料1.05%(上限値3.15%に対し67%オフ)で購入できます。
詳しくは、楽天証券





分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/09/30(日) 07:00:00|
  2. 分配金速報(月中分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maitukibunpai.blog101.fc2.com/tb.php/204-3b676194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)