毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


来月(07年12月)に新規設定される分配型ファンド

今回は、来月(12月)に新規に設定される分配型ファンド(毎月分配型、年6回:隔月分配型、年4回分配型)を調べてみました。

<調査結果の要約>
1)計15本が設定(バランス型7本、国際株式型5本、国際債券型3本)
 毎月分配型:バランス型4本、国際債券型2本、国際株式型1本
 年6回:隔月分配型:バランス型1本
 年4回分配型:国際株式型4本、バランス型2本、国際債券型1本

2)ファンドとしての新規性(特徴)

 ・バランス型
  環境株との組み合わせ(投資比率は30~50%)
  欧州だけを投資対象
  債券だけが対象(国際債券と国内債券の組み合わせ)
  REITを投資対象に含めたファンドは1本だけ

 ・国際株式型(投資対象のテーマ性が特徴)
  環境、水・食糧、医療・健康の3つのテーマに投資
  エネルギー関連株、鉱山株、金鉱株(資源株)に投資

 ・国際債券型
  複数の高金利通貨に分散投資
  先進国(高格付け、ハイイールド)と新興国に分散投資
  新興国(ブラジルのみ)に投資

 ※販売手数料、信託報酬、信託留保額の単位は%
 ※販売手数料、信託報酬は上限値
 ※販売手数料は税込み
 
投信名DIAM高金利ソブリン債券ファンド(毎月決算型)(サラダボウル)東京海上セレクト世界株式ファンド(プレミアムワールド)三菱UFJグローバル・インフラ関連株式ファンドグローバル・ストラトジー・ボンド(野債畑)三井住友・アジア・オセアニア好配当株式ファンド
運用会社興銀第一ライフ東京海上アセット三菱UFJ投信野村アセット三井住友アセット
投信分類国際債券国際株式国際株式国際債券国際株式
商品特徴高金利で信用力の高い、国債等のソブリン債券に投資(高金利国上位10ヵ国、10通貨程度を対象)環境、水・食糧、医療・健康の3つのテーマに関連する世界の株式に投資日本、新興国を含む世界各国のインフラ関連企業に投資。為替ヘッジなし先進国の高格付債券50%、先進国のハイ・イールド債券25%、新興国の債券25%日本を除くアジア・オセアニア各国・地域の株式に投資
設定日12/312/612/712/712/10
決算日毎月8日年4回(2、5、8、11月の15日)毎月24日毎月14日年4回(2、5、8、11月の14日)
信託期限無期限2027/11/152017/11/22無期限無期限
販売手数料3.153.152.12.13.15
信託報酬1.1551.538251.5541.52251.617
信託留保額0.20.3000.3
ボーナス分配未確認未確認なし3、6、9、12月未確認
販売先みずほ信託銀行、東武証券東京海上日動火災保険三菱UFJ信託銀行三菱UFJ信託銀行三井住友銀行、中央三井信託銀行


投信名クレディ・スイス・ブラジル債券ファンド(アマゾンの恵み)環境保全・グローバル・バランス(地球力プラス) 欧州圏3資産分散ファンドPCAインド株式ファンド(3ヵ月決算型)テンプルトン世界バリュー株式ファンド(ビクトリア号)
運用会社クレディ・スイス新光投信大和投資信託PCAアセットフランクリン・テンプルトン
投信分類国際債券バランスバランスバランス国際株式
商品特徴ブラジルの債券等に投資。ファンド・オブ・ファンズ。為替ヘッジなし債券70%(高格付けの先進国の国債)、株式30%(地球温暖化防止関連株)欧州圏(ロシア等を含む)の株式(50%)、債券(35%)、REIT(15%)に投資インド株式、日本の債券に投資世界各国の株式に投資
設定日12/1412/1412/1812/1812/19
決算日年4回(3、6、9、12月の15日)奇数月20日毎月12日年4回(3、6、9、12月の15日)年4回(2、5、8、11月の20日)
信託期限2017/12/15無期限無期限無期限無期限
販売手数料3.152.6253.153.6753.675
信託報酬1.1551.261.4071.288351.2075
信託留保額00.200.30
ボーナス分配未確認1月、7月3、6、9、12月未確認未確認
販売先東海東京証券東京都民銀行関西アーバン銀行丸三証券、播陽証券、かざか証券、リテラ・クレア証券、水戸証券、二浪証券、ジョインベスト証券、ワイエム証券エース証券、水戸証券


投信名AIG新成長国ダブルプラス(毎月分配タイプ)(アメージング・ストーリー)CAりそな世界グリーン・バランス・ファンド(あしたの地球)ブラックロック天然資源株ファンドDIAM高金利通貨ファンド(通貨セレクション)新生・世界分散ファンド(分配重視型)
運用会社AIG投信CAアセットブラックロック興銀第一ライフ新生インベストメント
投信分類バランスバランス国際株式バランスバランス
商品特徴新成長国の国債等(70%)および新成長国の株式(30%)への投資日本を除く、世界の好配当の「環境力企業」株式と世界の好金利ソブリン債に50%ずつ投資世界のエネルギー関連株(40%)、鉱山株(40%)、金鉱株(資源株)(20%)に投資。ファンド・オブ・ファンズ国際債券(90%)、国内債券(10%)に投資世界の先進国の債券(50%)、株式(50%)に投資
設定日12/2012/2112/2112/2712/27
決算日毎月20日毎月10日年4回(2、5、8、11月の20日)毎月11日年4回(3、6、9、12月の20日)
信託期限無期限無期限無期限無期限無期限
販売手数料3.152.6253.6753.153.15
信託報酬1.7431.58551.81650.841.6485
信託留保額00000.1
ボーナス分配未確認未確認未確認未確認未確認
販売先足利銀行、広島銀行、オリックス証券 りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行いちよし証券、SBIイー・トレード証券、トヨタFS証券、三菱UFJメリルリンチPB証券マネックス証券 新生銀行


1.ファンドの特徴

1)投資地域

投資地域は分散するタイプが大半を占めます。分散の仕方では、主に先進国を対象にした場合が多いです。
エリアを絞った場合は、新興国、欧州を対象にしたファンドがあります。
1国だけを対象にした場合は、新興国(ブラジル、インド)になっています。

2)投資対象

バランス型では、債券の比率を高め(70%)にしたファンドの方が多いです。世界的に軟調になっているREITを含めているファンドは1本だけですが、そのファンドも15%と投資比率を低くしてあります。
バランス型での株式の投資対象は将来性のある「環境株」に絞ったファンドが2本あります。

国際株式型では、テーマ性に特徴があり、特に環境、インフラ(資源含む)を投資対象にしています。

国際債券型では、リターンが見込める複数の高金利通貨を投資対象にしています。

3)販売先

販売先1社が8本、2社が3本と限定された販売先になっているファンドが多いです。
販売網が比較的広い大手銀行、証券会社で扱わないファンドもあり、インターネット等でのダイレクト販売がないと購入できないファンドがいくつかあるようです。

■今回対象としたファンドの各運用会社・販売先からの情報(一部のファンドのみ)

1)三菱UFJ グローバル・インフラ関連株式ファンド

2)グローバル・ストラテジー・ボンド(野債畑)

3)クレディ・スイス・ブラジル債券ファンド(アマゾンの恵み)

4)環境保全・グローバルバランス(地球力プラス)

5)欧州圏3資産分散ファンド

6)AIG新成長国ダブルプラス(毎月分配タイプ) ※足利銀行の告知


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/11/30(金) 07:00:00|
  2. 新規設定した分配型ファンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maitukibunpai.blog101.fc2.com/tb.php/279-11582b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)