毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国際債券型ファンドの分配金ランキング(2015年 9月版)

毎月分配型投資信託での国際債券型ファンドの分配金(年間、半期)を調べました。
調査の対象は 870本で、決算期間は2014年 9月から2015年 8月までを対象にしました。

1.年間分配金上位ファンドの状況

※以下の表中の「順/前」は、前回調査結果での順位

※「前回差」は、年間分配金の前回調査結果との差額

順位順/前運用会社名投信名ボーナス分配年間分配金前回差8月分配金
11損保ジャパンアセットりそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コースなし3,400-50 250
22損保ジャパンアセットりそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド 高金利通貨コースなし3,060-70 220
35ゴールドマン・サックスGSアジア・ハイ・イールド債券ファンド 米ドルコース(1、4、7、10月)2,790160 250
43アムンディアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(トルコリラコース)なし2,700-50 200
54損保ジャパンアセットアジア・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)成長通貨コース なし2,6400 220
66アムンディアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(豪ドルコース)なし2,580-30 200
77損保ジャパンアセットりそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド ブラジルレアルコースなし2,490-110 150
812ゴールドマン・サックスGSアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コース(1、4、7、10月)2,48090 220
98野村アセット野村テンプルトン・トータル・リターン Dコース5月、11月2,4000 200
98三菱UFJ国際三菱UFJ 欧州ハイイールド債券ファンド ユーロ円プレミアム(毎月分配型)(ユーロスター・プレミアム)なし2,4000 200
98新光投信新光グローバル・ハイイールド債券ファンド(通貨選択型)豪ドルコースなし2,4000 200
98フィデリティ投信フィデリティ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月決算型)なし2,4000 200
1313三井住友TAMグローバルCBファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配型) なし2,34060 200
1413アムンディアムンディ・TCW・新興国債券ファンド(アジア通貨コース)(フロントランナー)なし2,200-80 150
1517三菱UFJ国際三菱UFJ 新興国高利回り社債ファンド 通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>(毎月分配型)(グローイング・スター)なし2,1600 180
1615アムンディアムンディ・TCW・新興国債券ファンド(米ドルコース)(フロントランナー)なし2,150-70 150
1616三菱UFJ国際米国ハイ・イールド債オープン(通貨選択型)トルコ・リラコース(毎月決算型) なし2,150-50 150
1817アムンディアムンディ・TCW・新興国債券ファンド(豪ドルコース)(フロントランナー)なし2,080-80 140
1919三菱UFJ国際三菱UFJ 欧州ハイイールド債券ファンド 通貨選択シリーズ <ブラジルレアルコース>(毎月分配型)(ユーロスター)1月、7月2,0400 170
2019みずほ投信新興国ハイイールド債券ファンド 新興国資源通貨コースなし2,010-30 150

年間分配金が最も多いファンドは、以下の 1本。

・りそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コース(前回 1位)

本年5月に減配(300円を 250円。4期連続 250円)。

上位 20本のうち 11本は、新興国を対象にしたファンド。

上位 7本(7位以上)は、毎月分配型投資信託 年間分配金ランキング(上位 30本)に含まれたファンドであり、毎月分配型投資信託全体から見ても年間分配金が多いファンド。

<前回調査結果との違い>

●年間分配金が増加したファンド(3本。前回調査時と比べ、2本増)

GSアジア・ハイ・イールド債券ファンド 米ドルコースが最も増加(160円増)

昨年 12月に増配(90円を 250円。9期連続 250円)

●年間分配金が減少したファンド(10本。前回調査時と比べ、2本減)

・りそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド ブラジルレアルコースが最も減少(110円減)

本年 1月以降に 2回減配(1月 260円を 200円。6月 200円を 150円。3期連続 150円)

●ランクインしたファンドの入替

今回ランクインしたファンドは、前回調査時と同じファンド。

<新規ランクイン:0本>

<前回ランクイン・今回ランク外:0本>

3.分配の仕方、商品特性での特徴(年間分配金対象)

ランクインしたファンドは毎月 140~ 250円の分配。

過去 1年以内(昨年 9月以降)にボーナス分配を実施したファンドは、以下の 2本(2本とも、昨年12月以降、ボーナス分配を実施せず、毎期高額の分配を行う方針に変更した模様)。

・3位 GSアジア・ハイ・イールド債券ファンド 米ドルコース
 (昨年 10月360円)

・8位 GSアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コース
 (昨年 10月 240円)

上位 20本で、特に多いタイプは以下のとおり。

・複数の新興国対象(為替ヘッジあり)(9本。前回調査時と同数)

4.他のタイプとの比較(年間分配金の平均が対象)

毎月分配型投資信託の 6つの分類で、年間分配金の上位平均(20~21本対象)を比較した場合、国際債券型は、3番目に多い(前回調査では 2位)。

上位 20本の平均値は、前回調査結果(対象 20本)と比べ 0.6%減。

投信分類上位平均上位最高値上位最低値対象数
今回前回今回前回今回前回今回前回
国際株式2,5262,5243,5003,4002,1202,1102020
国内株式2,4482,4253,6003,6001,2001,2002020
国際債券2,4442,4593,4003,4502,0102,0402020
国際REIT2,1012,0762,9002,8501,6801,6802121
バランス1,8691,8852,7002,7601,5401,5602020
国内REIT1,3561,3472,6402,4607807802120

月別(2015年 8月のみ対象)の投信分類別ベスト 10は、前述の「毎月分配型投資信託 投信分類別 月間分配金ベスト10(2015年 8月分)」を参照ください。

5.半期分配金上位ファンドの状況

最近の運用結果を反映した状況をみるため、最新の 6ヶ月(本年 3月~ 8月)の分配金を対象に分配金ランキングをまとめてみました。

※順位で背景色が黄色のファンドは、新規ランクインしたファンドを示す

※「順/年」は、年間ランキングでの順位。背景色が黄色のファンドは、年間ランキングでは含まれていないファンドを示す

※「前回差」は、前回調査結果との半期分配金の差額

順位順/年運用会社名投信名ボーナス分配半期分配金前回差8月分配金
11損保ジャパンアセットりそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コースなし1,600-50250
23ゴールドマン・サックスGSアジア・ハイ・イールド債券ファンド 米ドルコース(1、4、7、10月)1,5000250
32損保ジャパンアセットりそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド 高金利通貨コースなし1,320-70220
35損保ジャパンアセットアジア・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)成長通貨コース なし1,3200220
38ゴールドマン・サックスGSアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コース(1、4、7、10月)1,3200220
64アムンディアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(トルコリラコース)なし1,200-50200
66アムンディアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド(豪ドルコース)なし1,200-30200
69野村アセット野村テンプルトン・トータル・リターン Dコース5月、11月1,2000200
69三菱UFJ国際三菱UFJ 欧州ハイイールド債券ファンド ユーロ円プレミアム(毎月分配型)(ユーロスター・プレミアム)なし1,2000200
69新光投信新光グローバル・ハイイールド債券ファンド(通貨選択型)豪ドルコースなし1,2000200
69フィデリティ投信フィデリティ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月決算型)なし1,2000200
613三井住友TAMグローバルCBファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配型) なし1,2000200
621ニッセイアセットニッセイ通貨セレクト債券ファンド(毎月分配型)なし1,2000200
1415三菱UFJ国際三菱UFJ 新興国高利回り社債ファンド 通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>(毎月分配型)(グローイング・スター)なし1,0800180
14203大和投資信託ダイワ・ブラジル・レアル債α(毎月分配型)α100コースなし1,080180180
167損保ジャパンアセットりそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド ブラジルレアルコースなし1,050-50150
16109新光投信みずほ・アジア・ウェイブ アジア債券ファンド(中国元コース)なし1,050150200
1819三菱UFJ国際三菱UFJ 欧州ハイイールド債券ファンド 通貨選択シリーズ <ブラジルレアルコース>(毎月分配型)(ユーロスター)1月、7月1,0200170
1822三井住友TAMグローバルCBファンド・豪ドルコース(毎月分配型) なし1,0200170
1823三井住友TAMグローバルCBファンド・米ドルコース(毎月分配型) なし1,0200170

半期分配金が最も多いファンドは、以下の 1本。

・りそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド アジア通貨コース(前回 1位)

本年5月に減配(300円を 250円。4期連続 250円)。

前回調査時と比べ、半期分配金が増加したファンドは 2本(前回調査時と比べ、2本増)。

・ダイワ・ブラジル・レアル債α(毎月分配型)α100コースが最も増加

 半期 180円増(本年 8月は通算 6回目の決算のため、本年 8月の分配金 180円が半期分配金に加算。6期連続 180円)

前回調査時と比べ、半期分配金が減少したファンドは 5本(前回調査時と比べ、2本減)。

・りそなアジア・ハイ・イールド債券ファンド 高金利通貨コースが最も減少

 半期 70円減(本年 3月に減配。290円を 220円。6期連続 220円)

投資地域を、主に先進国と新興国に分けてみた場合、今回は、主に先進国対象が多い(20本のうち 11本が該当。前回は 25本のうち、15本が該当)。

これら11本のうち 9本は、主に先進国の高利回り債が対象

新興国対象は、9本が該当(このうち 7本は、複数の新興国対象で、為替ヘッジあり)

年間分配金上位 20本と比べ、新興国対象よりも、主に先進国対象が多い(年間分配金上位 20本では、新興国対象 11本、主に先進国対象 9本)

半期分配金上位 20本は、5本を除き、年間分配金ランキング上位 20本に含まれたファンド。

1)年間順位になく、半期順位にあるファンド(5本)

主に先進国対象が多い(3本。このうち 2本は、高利回り債対象)

5本のうち 4本は、過去 1年以内(昨年 9月以降)に増配

ダイワ・ブラジル・レアル債αは、6期連続 180円(決算回数は、通算 6回)

2)年間順位にあって、半期順位にないファンド(5本)

※順/年は、年間分配金ランキングでの順位。順/半は、半期分配金ランキングでの順位

順/年順/半運用会社名投信名ボーナス分配年間分配金半期分配金8月分配金
1434アムンディアムンディ・TCW・新興国債券ファンド(アジア通貨コース)(フロントランナー)なし2,200900 150
1634アムンディアムンディ・TCW・新興国債券ファンド(米ドルコース)(フロントランナー)なし2,150900 150
1628三菱UFJ国際米国ハイ・イールド債オープン(通貨選択型)トルコ・リラコース(毎月決算型) なし2,150950 150
1847アムンディアムンディ・TCW・新興国債券ファンド(豪ドルコース)(フロントランナー)なし2,080840 140
2029みずほ投信新興国ハイイールド債券ファンド 新興国資源通貨コースなし2,010930 150

新興国対象が多い(5本のうち 4本が該当)

5本全て、本年 2~ 4月に減配(30~80円減)

3)前回調査の半期分配金順位との違い(入替ったファンド)

<新規ランクイン 2本>

2本全て、新興国対象

みずほ・アジア・ウェイブ アジア債券ファンド(中国元コース)は、本年 4月に増配(50円を 200円。5期連続 200円)

<前回ランクイン・今回ランク外 7本>

※順/前は、前回調査時での順位。順/今は、今回での順位

順/前順/今運用会社名投信名ボーナス分配半期分配金前回差8月分配金
1928三菱UFJ国際米国ハイ・イールド債オープン(通貨選択型)トルコ・リラコース(毎月決算型) なし950-50150
2029みずほ投信新興国ハイイールド債券ファンド 新興国資源通貨コースなし930-30150
2022東京海上アセット東京海上Rogge世界ハイブリッド証券ファンド(通貨選択型)ブラジル・レアルコース(毎月分配型) なし9600160
2022野村アセット野村PIMCO・米国ハイ・イールド債券投信 ニュージーランドドルコース(毎月分配型)2月、8月9600160
2022三井住友TAMグローバルCBファンド・資源国通貨コース(毎月分配型) なし9600160
2022フィデリティ投信フィデリティ・アジア・ハイ・イールド・ファンド B(為替ヘッジなし)なし9600160
2022三菱UFJ国際国際インド債券オープン(毎月決算型)なし9600160

半期分配金が前回と比べ減少した 2本は、本年 4月の減配が影響。

・米国ハイ・イールド債オープン(通貨選択型)トルコ・リラコース(毎月決算型)
 (200円を 150円。5期連続 150円)

・新興国ハイイールド債券ファンド 新興国資源通貨コース
 (180円を 150円。5期連続 150円)

上記以外の 5本の半期分配金は、前回調査時と同額だが、今回新規ランクインしたファンドの半期分配金が多いことが影響。

※今回の対象本数は、前回調査時の対象本数よりも 5本少ないため(同じ順位になったファンドが少ないため)、前回ランクイン・今回ランク外のファンドよりも、新規ランクインのファンドが 5本少ない


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2015/09/13(日) 07:00:00|
  2. 国際債券型分配金ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maitukibunpai.blog101.fc2.com/tb.php/3208-22d60cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。