毎月分配型 投資信託情報

毎月分配型の投資信託(投信)の情報として、分配金、リターン、基準価格等の投資信託ランキング等を紹介


毎月分配型投資信託 年間分配金ランキング(09年8月版)

毎月分配型投資信託の2009年7月の分配金を反映し、最近1年間(2008年8月~2009年7月)の結果として、年間分配金ランキングを更新しました。調査対象は470本です(本年7月に決算を実施したファンド対象)。

<調査結果の要約>

年間分配金の平均値(上位32本)は、前回調査結果より増加

1)年間分配金の増加(14本)

100円以上の増配が5本(5本とも通算年12回以下の決算回数のため、7月の分配金が年間分配金に加算)

2)年間分配金の減少(8本)

「日興・AMPグローバルREITファンドA(ヘッジなし)」が特に減少(60円減)

3)前回ランク外だが、今回ランクインしたファンド(4本)

「ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)」など
毎期の分配金が多いことが影響(月75円以上)

4)前回ランクインしたが、今回ランク外になったファンド(4本)

「ダイワ・エマージング高金利債券ファンド(毎月分配型)」 など
7月にボーナス分配を実施しなかったことや、月あたりの分配金がランクインしたファンドより少ない(月70円程度)影響

5)上位10本(7位まで)の分配金の特徴

ボーナス分配はないが高めの分配金を出すファンドが10本中6本を占める

※上位30位のファンドを対象にしてきましたが、今回は同じ順位になった場合が多いため、順位は15位までになっています(今回の対象ファンド数は32本)
※順/前は、前回調査での順位。背景色が黄色の所は、前回での上位32本外での順位(同じ順位になったファンドがあるため、前回調査での最下位は20位)
※前回差は、前回調査結果の年間分配金との差額
※ボーナス分配での()は、目論見書等に記載されていないが、ボーナス分配が実施された月
※バランス型は、異なる分野の投資対象(株式、債券、REIT、先物等)が含まれるタイプを対象

順位順/前運用会社投資信託名投信分類分配金前回差7月分配金ボーナス分配
14大和投資信託りそな ブラジル・ソブリン・ファンド(毎月決算型)国際債券1270120120(6月)
21大和住銀投信短期豪ドル債オープン国際債券12000100なし
21大和住銀投信エマージング債券ファンド国際債券12000100なし
22CAアセットCA 毎月分配ユーロ債券ファンド(ユーロブーケ)国際債券120030100なし
23野村アセット野村豪州債券ファンドDコース国際債券120041100毎期変動
24野村アセットオーストラリア債券ファンド(毎コアラ)国際債券120045100毎期変動
310大和投資信託ダイワ・ブラジル・レアル債オープン(毎月分配型)国際債券1170120120(6月)
47日興アセットラサール・グローバルREITファンド国際REIT1100-2080なし
47DIAMアセットDIAM J-REITオープン(オーナーズ・インカム)国内REIT1100-2080なし
58フィデリティ投信フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド国際債券1090-1085なし
66日興アセット日興・AMPグローバルREITファンドA(ヘッジなし)国際REIT1080-6060なし
79JPモルガンアセットりそな・JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド(毎月決算型)国際債券1040-20502、5、8、11月
812新光投信高金利通貨ファンド国際債券1020085なし
812野村アセットノムラファンドマスターズ世界債券Bコース国際債券1020085なし
911国際投信ワールド・リート・オープン国際REIT1000-2575なし
919野村アセット欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)国際債券1000100100なし
1013DIAMアセットDIAMエマージング債券ファンド(ライジングネクスト)国際債券9700702、5、8、11月
1025大和投資信託ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)国際債券970120120(6月)
1114レッグメイソンLM・現地通貨建てエマージング債券ファンド国際債券960080なし
1114岡三アセット新興国国債オープン(毎月決算型)(アトラス)国際債券9600801、4、7、10月
1114安田投信パン・パシフィック外国債券オープン国際債券960080なし
1116UBSアセットUBSオーストラリア債券オープン国際債券9603080なし
1114日興アセット日興高金利通貨ファンド(毎月分配型)国際債券9600804月、10月
1116インベスコインベスコ オーストラリア債券ファンド国際債券9603080なし
1115安田投信スターバリューファンドバランス9602080なし
1214AIGインベストメンツAIG新成長国債券プラス(ブルーオーシャン)国際債券940-2070なし
1318フィデリティ投信フィデリティ・US リート・ファンドB(為替ヘッジなし)国際REIT9201085なし
1417日興アセット財産3分法ファンドバランス910-1070なし
1437野村アセット野村米国ハイ・イールド債券投信 トルコリラコース(毎月分配型)国際債券9101501501月、7月
1521JPモルガンアセットJPM米国高利回り社債ファンド国際債券9001580なし
1519ゴールドマンサックスGS・ハイイールド・ボンド・ファンド国際債券900075なし
1521三菱UFJ投信豪ドル毎月分配型ファンド国際債券9001575毎期変動

1)概況

年間分配金上位32本の平均値(1029円)は、前回調査結果(1022円:対象32本)より増加しました。

7月にボーナス分配を実施しなかったファンド、新たにランクインしたファンドよりも毎月の分配金が少ない等のファンド計4本がランク外になり、月あたりの分配金が75円以上のファンド4本が新規にランクインしました。

上位32本のうち、7月がボーナス分配対象時期のファンドは2本ありますが、ボーナス分配を実施していません。
毎月分配型投資信託全体でみると、7月がボーナス分配実施時期のファンド27本のうち、ボーナス分配を実施したファンドは1本だけです(TAスマート・インカムファンドの50円が該当)。

上位10本のファンドの特徴をみると、ボーナス分配はないが高めの分配金をだすファンドが多く、10本中6本を占めます。これらのファンドは、手堅く分配金が得られる投資信託ランキングにランクインしているファンドが大半を占めます。

順位投信分類本数本数/前
1国際債券2525
2国際REIT44
3バランス22
4国内REIT11
投信分類では、国際債券型が最も多く(前回も1位)、次に、国際REIT型(前回も2位)が多いです(全ての分類で、前回調査結果と同じ)。

本数が多い投信分類の内訳をみると、国際債券型では、主に先進国対象が16本(前回14本)、新興国対象9本(前回11本)です。国際REIT型では、グローバル分散タイプが4本中3本を占めます(前回調査時と同じ)。

2)年間分配金が増加したファンド(14本)

7月の増配により、年間100円以上の増配となったファンド5本あります。これらのファンドは、最近設定されたファンド(通算決算回数が12回以下)のため、7月の分配金が年間分配金に加算されました。

・りそな ブラジル・ソブリン・ファンド(毎月決算型)  通算6回
・ダイワ・ブラジル・レアル債オープン(毎月分配型) 通算6回
・欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース) 通算10回
・ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型) 通算6回
・野村米国ハイ・イールド債券投信 トルコリラコース(毎月分配型) 通算5回

3)年間分配金が減少したファンド(8本)

年間分配金が最も減少したファンドは、「日興・AMPグローバルREITファンドA(ヘッジなし)」の60円減です。過去12ヶ月以内に、減配を2回実施しています(08年12月:120円を90円へ、09年4月:90円を60円へ)。

4)前回調査ではランク外だが、今回ランクインしたファンド(4本)

国際債券型のファンドが4本を占めています。毎月の分配金は75円以上であり、比較的多い分配金を出しています。

5)前回調査でランクインしたが、今回ランク外になったファンド(4本)

該当するファンド4本は、7月にボーナス分配を実施しなかったことや、新規にランクインしたファンドよりも、毎月の分配金が少ないこと(月70円)が影響しました。

※順/前は、前回調査での年間分配金の順位。順/今は今回調査での順位
※前回差は、前回調査結果との年間分配金の差額

順/前順/今運用会社投資信託名投信分類年間分配金前回差08年7月分配金09年7月分配金ボーナス分配
621大和投資信託ダイワ・エマージング高金利債券ファンド(毎月分配型)国際債券840-300370701月、7月
2016日興アセット高金利通貨コレクション国際債券89007070なし
2016みずほ投信新興国高金利通貨ファンド(毎月決算型)(セレクト・ファイブ)国際債券890080806月、12月
2018JPモルガンアセットJPM新興国好利回り債投信国際債券890070703月、9月

6)分配の仕方でみた場合

上位10本(5位まで)のファンドの分配の仕方をみると、ボーナス分配はないが高めの分配金を出すファンドが多く、10本中6本を占めます。軟調な投資環境が続いており、ボーナス分配を実施するファンドがなくなっているためです。

●年間分配金ランキング 上位10本での年間12回の分配の内訳

 1位 大和投信「りそな ブラジル・ソブリン・ファンド(毎月決算型)」

    90円:1回(本年2月)
    100円:1回(本年3月)
    120円:3回(本年4月から5月、7月)
    720円:1回(本年6月)

 2位 大和住銀投信「短期豪ドル債オープン」

   100円:12回

 2位 大和住銀投信「エマージング債券ファンド」

    100円:12回

 2位 CAアセット「CA 毎月分配ユーロ債券ファンド(ユーロブーケ)」

   100円:12回

 2位 野村アセット「野村豪州債券ファンドDコース」

    100円:12回

 2位 野村アセット「オーストラリア債券ファンド(毎コアラ)」

    100円:12回

 3位 大和投信「ダイワ・ブラジル・レアル債オープン(毎月分配型)」

    90円:1回(本年2月)
    100円:1回(本年3月)
    120円:3回(本年4月から5月、7月)
    620円:1回(本年6月)

 4位 日興アセット「ラサール・グローバルREITファンド」

   100円:7回(本年2月まで)
    80円:5回(本年3月から)

 4位 DIAMアセット「DIAM J-REITオープン(オーナーズ・インカム)」

   100円:7回(本年2月まで)
    80円:5回(本年3月から)

 5位 フィデリティ投信「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」

    95円:7回(本年2月まで)
    85円:5回(本年3月から)

◆年間分配金 上位32本のファンドでの「ボーナス分配の実施回数」

前回調査に比べ、毎期変動と年1回が各1本増え、年2回が2本減りました。年1回のファンドは、ボーナス分配実施回数が明示されていないファンドなので、今後の状況により、ボーナス分配実施回数が増加する可能性があります(月120円のブラジル対象のファンド3本が該当)

  1位 なし(21本:65.6%)   前回1位:21本(65.6%)
  2位 毎期変動(3本:9.4%)  前回4位:2本(6.3%)
  2位 年4回(3本:9.4%)  前回3位: 3本:(9.4%)
  2位 年1回(3本:9.4%)  前回4位: 2本:(6.3%)
  3位 年2回(2本:6.3%)  前回2位:4本(12.5%)


分配金が多い投信の販売先一覧

手数料無料(ノーロード)で購入できる毎月分配型投資信託一覧

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2009/08/01(土) 07:00:00|
  2. 分配金ランキング(総合)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maitukibunpai.blog101.fc2.com/tb.php/937-7fbb3078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)